skillup

技術ブログ

プログラミング全般

シェルスクリプト ファイル読み込み・switchなど

投稿日:2015年8月2日 更新日:

以前のエントリーに引き続き、シェルスクリプトでログを解析する処理があってそこで覚えたことなどをまとめておきます。

ファイル読み込み

ファイルの内容を一気に読み込むならいろいろなコマンドがありますが一行ずつ読み込んでその内容判断していく・・みたいな処理が以外に探すのが時間がかかりました。

下記のコマンドで一行ずつ読み込みます。

リンク

シェルスクリプトでファイルを1行ずつ読み込む

switch文

通常のプログラミング言語より柔軟性が若干あります。

基本パターン

条件にorを使用

正規表現を使用

こちらに応用技が載っています。

UNIX & Linux コマンド・シェルスクリプト リファレンス case 文の使用方法

タブ時の扱い

プログラミング言語だと”\t”と記述することが多いですが、シェルスクリプトの場合、シングルクオートでくくるか、echo時に-nのオプションが必要です。

逆にダブルクオートだとそのまま文字として出力されます。

リンク

bashで変数にタブコードを入れる

空文字判定

これまたちょっと特殊なパターンです。

リンク

シェルスクリプトで空文字列かどうか調べる。

変数から変数への代入

再代入の場合には代入される側は$がいらないようです。

リンク

シェルスクリプト(sh/bash/zsh)で変数から変数へ代入する方法について

まだ全然整理できていないのでまとめる必要がいろいろありそうですね。

ログをみる処理など、応用範囲は広いと思うのでここで勉強しておきたいです。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

変数の役割について

前回のエントリーの主眼は変数を置くことで、適切な情報量に分割し、コードを読みやすくしよう、ということでした。 今回はそれとは少し逆の観点でして、不要な変数を削除して、コードを読みやすくしよう、というこ …

no image

読みやすいコードについて

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。 ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。 Contents1 優れたコードの定義1 …

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

新しいプロジェクトに入った時にやること

新しいプロジェクトに入った時に最初にすべきことややっておくことなど Contents1 仕様理解編1.1 ユーザーの行動遷移の理解1.2 キー系のデータの理解1.3 データグルーピング1.4 サンプル …

no image

正規表現に関して

SQLネタをいろいろと書いておりますが、ちょっとワンポイント的なネタで正規表現について書きたいと思います。 平均的なものは知っているつもりでしたが、シェルの正規表現について知らなかったのでちょっとメモ …