skillup

技術ブログ

Java

String,Integer,Booleanの相互変換

投稿日:2015年8月16日 更新日:

データベースにはbooleanでデータが入っているのに画面では0か1の数字でないと表示ができないときなどがあると思います。

そんな時に文字列と論理値、あるいは文字列と数値、数値と論理値の変換などをすることがあります。

単純にif文で分岐してもいいんですが、Nullに気を付けましょう。

Javaの場合、初心者のうちはとにかくNullの扱いに気を付けないといけません。

PHPはいい加減な言語なので、適当に書いても動きますが(爆)、Javaの場合はNullの可能性を考慮していないと、イレギュラーケースでバグが起こります。

そういったことから自力でやるよりもライブラリを使ったほうがよいです。Apache commonsを使います。

論理値から数値へ

下記のコードはdbDeleteFlg (論値)を数値変換してdeleteFlg(数値)にしています。

第2引数はdbDeleteFlgがtrueだったときの数値、

第3引数はdbDeleteFlgがfalseだったときの数値、

第4引数はdbDeleteFlgがnullだったときの数値です。

数値から論理値へ

また数値から論理値への変換も簡単です。

ownerというクラスがもっているdbDeleteFlg(論理型)にdeleteFlg(数値)を変換して代入しています。

ちなみに参考リンクは下記です。

情報が網羅されており大変使いやすいですね。

Apache commons-langのBooleanUtilsが便利なのでまとめてみた

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Annotationについて

Javaのアノテーションですが、よく出てくる割には場面場面でよくでてくるんですけど、根本的にはよく理解できていませんでした。 今もあまりわかっていませんが・・・やはり理解するためには自分で作成するのが …

no image

配列の参照の仕方

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。) これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが …

no image

文字列変換系処理まとめ

Javaで文字列の変換(全角、半角など)の処理のまとめです。 ブログに記事として書こうと思ったのですが、丸々コピペになってしまうので、それじゃあ元リンクを紹介したほうがいいかなと思い、今日は基本的にリ …

no image

小ネタ集

最近覚えた小ネタをのせていきます。 熟練のプログラマからすると当たり前のことが多いと思いますが・・・ Contents1 {}でスコープ限定2 リダイレクト:face-redirect=true3 H …

no image

arquillianでのリソースファイル読み込み

以前、このエントリーでarquillianからライブラリが利用できず、追加のライブラリを導入した、ということを書きました。 実はリソースファイルもそのままですとarquillianからは使用できません …