skillup

技術ブログ

Java

glassfishへのデプロイ

投稿日:2015年8月19日 更新日:

いつもJavaEE環境のローカル開発ではNetbeansで動かしてますんで、デプロイに関してglassfishのことをほとんど知らなくても動かせます。

開発や本番環境化では当然そういうわけには行かないのでデプロイについてちょっと調べてみました。

glassfishのデプロイですが、

/usr/local/glassfish4/glassfish/domains/domain1/applications/

このディレクトリの下にwarファイルを配置すればうまくいきました。

warファイルの名称がhogehoge.warなら

そのまま http://ipアドレス:8080/hogehoge/

でアクセスできます。

ちなみにjenkinsを使っていればDeploy plugin

というプラグインで

自動でデプロイできます。

プラグインが「jenkinsの管理→プラグインの管理」からダウンロードできない場合は、

https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Deploy+Plugin

上記ページからhpiファイルを落としてプラグインの管理→高度な設定から「プラグインのアップロード」

を選択すればOKです。

参考リンク

Jenkinsで自動ビルドした成果物をGlassFishへ自動デプロイしてみる

ちなみに標準だとwarファイルの名称はartifactId+versionですが、任意の名前にしたいときはbiildタグの中に、

finalNameというタグをいれれば変更できます。

参考リンク

[Maven] Maven2 でアーカイブのファイル名を指定する

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

複合コンポーネント

JSFではラベルやテキストといったコンポーネントをグループ化し、一つのまとまりとすることができます。 メリットとしては似たような部分をテンプレート化しておくことで保守性を向上させることができます。 さ …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

O/Rマッパー iciqlについて

以前、このブログでも紹介したO/Rマッパーのiciqlについて、使い方や問題点がある程度わかったので書いておきます。 Contents1 インストール2 自動生成3 注意点3.1 Date型のインポー …

no image

入出力操作

Javaの出力処理について書きます。 下記リンクが非常に詳しかったので、これをもとにまとめてみたんですが、咀嚼できてないっぽい・・・・ もう1~2度修正がひつようかも。 Contents1 Javaの …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …

アーカイブ