skillup

技術ブログ

Java

Git→Jenkinsの連携 その2

投稿日:2015年8月19日 更新日:

以前、このエントリーでGitとjenkinsの連携に関して書いたんですが、今回jenkinsとgitのソースが別環境にあるケースの構築をしたのでメモしておきます。

JenkinsでのGitの連動

プラグインで「Git Plugin」というものを選べば自動的にソースコード管理にGitが追加されます。

ここで、Repositories:Repository URLの項目の入力欄ですが、自分は

ssh://jenkins@gitが入っているホストのIP:ポート番号/gitのリポジトリのパス

上記のようにしてうまくいきました。

が、これを実行させるまで結構大変・・・

やったことですが、

1 jenkinsのユーザー情報の変更

su – jenkisできるように/etc/passwdの情報を変更

/var/lib/jenkins:/bin/false/var/lib/jenkins:/bin/bash
に。

2 jenkinsで鍵作成

jenkins側のサーバーで鍵を鍵を作成し、公開鍵をサーバーに送る

3 jenkisでgitのホストに一度ログイン

公開鍵をおき、保存

と結構大掛かりです。おかげで鍵認証に関しては知識を整理することができましたが・・・

参考リンク

jenkins

ユーザー認証ありのJenkinsとBitbucketプライベートリポジトリを連携

jenkinsでgitリポジトリ指定時のエラー

鍵認証がらみ

WinSCP の秘密鍵の設定方法

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CentOS上にglassfish構築+arquillianテスト

JavaEEの開発でアプリケーションサーバーとしてglassfishを使っています。 今回、CentOS(ver6.6)に立てる機会があったので、そのネタを共有したいと思います。 Contents1 …

no image

イテレーターに関して

Javaの繰り返しでイテレーターという概念がありますね。 今はあまり使われなくなっているようですが、資格の勉強をしていたら出てきたのと、たしなみとして知っておく必要があるため、記述します。 ソース [ …

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

arquillianでのリソースファイル読み込み

以前、このエントリーでarquillianからライブラリが利用できず、追加のライブラリを導入した、ということを書きました。 実はリソースファイルもそのままですとarquillianからは使用できません …

no image

JSPでのAjax(dwr使用)

JSPネタ3本目。 Ajaxです。 こちらも独自のライブラリを使うようですね。 drwというものが有名のようです。 Contents1 dwr1.1 pomでの記述1.2 web.xml1.3 dwr …