skillup

技術ブログ

Java

jenkins構築

投稿日:2015年8月19日 更新日:

いままでjenkinsについての記事を書いていなかったので記録しておこうと思います。

前提条件

javaがインストールされていることが前提です。

今回CentOS6なのでJava7をインストールしております。(標準リポジトリでインストールされるかと思います。)

Java8は下記の通り

jenkins構築

これでhttp://hogehoge:8080/でアクセスできればOKです。

設定ファイル変更(ポート&URL変更)

私の場合、APサーバーとしてglassfishを使っていることからポート8080をすでに使っていますので、この変更が必要になってきます。

またアクセスしたいURLを http://hogehoge.com/jenkins にするとします。使っているWEBサーバーはnginxとします。

nginxの設定を

などとしましょう。

CentOS に Jenkins をインストールする手順

セキュリティ有効化

このままだと認証システムがないので、だれでもjenkinsにアクセスできてしまいます。

一般的にはユーザーを作り、そのログインしたユーザーのみ操作ができるというのが一般的かと思いますので、そのような設定を行います。

グローバルセキュリティの設定→セキュリティを有効化にチェック→ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース→権限管理:全員に許可

一度これで保存します。

これでユーザーが作成できるようになるので、ユーザーを作成しましょう。

ユーザーを作成したあとですが、このままほうっておくと誰でもユーザーが作れるようになってしまうので、

再びグローバルセキュリティの設定画面に移行し、

ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース(サインアップに許可のチェックをはずす)
→権限管理:行列による権限設定

匿名ユーザーには全ての権限をはずし、該当ユーザーの権限を任意に決めます。

これで指定されたユーザーのみがログインして操作が行えるようになります。

Jenkinsでユーザー管理してみる

トラブル

jenkinsのユーザー作成でセキュリティを有効化したらその後ログインできなくなる・・ということが発生しました。

この場合、画面からログインできなくなります。その場合、

/var/lib/jenkins/config.xml

でuseSecurityをfalseにすればOKです。

nginx + jenkins でユーザログインを設定→アクセスできなくなった

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

依存関係エラー

JavaEEで新PCでビルドしたらいきなりエラー。同一のソースを別PCで動かすと正常に立ち上がります。 こんな場合、GlassFishの設定がおかしいか、ライブラリの依存関係に問題があることがほとんど …

no image

JavaEEのトランザクションに関して

最近あまり触れていないJavaEEのトランザクションについて。 JavaEEの場合、EJB環境では@Statelessを付けることによりトランザクション管理を行うことができます。 [crayon-60 …

no image

例外処理について

Javaの例外処理について書きます。 自分はPHPメインでやってきましたので、この例外についてはうろ覚えでした。 PHPだと例外処理はあるんですが、まああんまり使わなかったり、理解がいい加減でもなんと …

no image

RedmineAPI活用法

自社ではRedmineで基本的にタスク管理をしておりまして、チケット作成に手当がついたりします。 Redmine単体でもいろいろな機能があるのですが、 今月の作成したチケットと完了したチケットを手当と …

no image

サーブレットのスコープ

JavaEEではスコープアノテーションによって変数のスコープを使い分けられたのですが、サーブレットの場合はプログラムの中で使い分けます。 通常はページ、リクエストとセッション、アプリケーションぐらいで …