skillup

技術ブログ

Java

jenkins構築

投稿日:2015年8月19日 更新日:

いままでjenkinsについての記事を書いていなかったので記録しておこうと思います。

前提条件

javaがインストールされていることが前提です。

今回CentOS6なのでJava7をインストールしております。(標準リポジトリでインストールされるかと思います。)

Java8は下記の通り

jenkins構築

これでhttp://hogehoge:8080/でアクセスできればOKです。

設定ファイル変更(ポート&URL変更)

私の場合、APサーバーとしてglassfishを使っていることからポート8080をすでに使っていますので、この変更が必要になってきます。

またアクセスしたいURLを http://hogehoge.com/jenkins にするとします。使っているWEBサーバーはnginxとします。

nginxの設定を

などとしましょう。

CentOS に Jenkins をインストールする手順

セキュリティ有効化

このままだと認証システムがないので、だれでもjenkinsにアクセスできてしまいます。

一般的にはユーザーを作り、そのログインしたユーザーのみ操作ができるというのが一般的かと思いますので、そのような設定を行います。

グローバルセキュリティの設定→セキュリティを有効化にチェック→ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース→権限管理:全員に許可

一度これで保存します。

これでユーザーが作成できるようになるので、ユーザーを作成しましょう。

ユーザーを作成したあとですが、このままほうっておくと誰でもユーザーが作れるようになってしまうので、

再びグローバルセキュリティの設定画面に移行し、

ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース(サインアップに許可のチェックをはずす)
→権限管理:行列による権限設定

匿名ユーザーには全ての権限をはずし、該当ユーザーの権限を任意に決めます。

これで指定されたユーザーのみがログインして操作が行えるようになります。

Jenkinsでユーザー管理してみる

トラブル

jenkinsのユーザー作成でセキュリティを有効化したらその後ログインできなくなる・・ということが発生しました。

この場合、画面からログインできなくなります。その場合、

/var/lib/jenkins/config.xml

でuseSecurityをfalseにすればOKです。

nginx + jenkins でユーザログインを設定→アクセスできなくなった

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

glassfishへのデプロイ

いつもJavaEE環境のローカル開発ではNetbeansで動かしてますんで、デプロイに関してglassfishのことをほとんど知らなくても動かせます。 開発や本番環境化では当然そういうわけには行かない …

no image

イテレーターに関して

Javaの繰り返しでイテレーターという概念がありますね。 今はあまり使われなくなっているようですが、資格の勉強をしていたら出てきたのと、たしなみとして知っておく必要があるため、記述します。 ソース [ …

no image

mavenでJavadoc出力

Netbeansでプロジェクトから右クリックでjavadocの生成はできますが、実はmavenでビルドするときにJavadocを生成できます。 ただ出力するだけではなくてパラーメータをいろいろとセット …

no image

JavaでのPDF出力

JavaでのPDFファイルをダウンロードしたいと要望があって社内アプリの開発をしていましたが、思った以上にバグがでてかなり長期戦になりました。 やりたいことは ボタンを押すとファイルのダウンロードが始 …

no image

JSPでのインクルード

JSPで社内アプリを作る機会があったので、メモ。 基本的なこともまだわかっていないんですが、とりあえずでてきたものから紹介してきます。 インクルードから。 ヘッダー、フッターみたいな別々に分けたりする …