skillup

技術ブログ

Java

jenkins構築

投稿日:2015年8月19日 更新日:

いままでjenkinsについての記事を書いていなかったので記録しておこうと思います。

前提条件

javaがインストールされていることが前提です。

今回CentOS6なのでJava7をインストールしております。(標準リポジトリでインストールされるかと思います。)

Java8は下記の通り

jenkins構築

これでhttp://hogehoge:8080/でアクセスできればOKです。

設定ファイル変更(ポート&URL変更)

私の場合、APサーバーとしてglassfishを使っていることからポート8080をすでに使っていますので、この変更が必要になってきます。

またアクセスしたいURLを http://hogehoge.com/jenkins にするとします。使っているWEBサーバーはnginxとします。

nginxの設定を

などとしましょう。

CentOS に Jenkins をインストールする手順

セキュリティ有効化

このままだと認証システムがないので、だれでもjenkinsにアクセスできてしまいます。

一般的にはユーザーを作り、そのログインしたユーザーのみ操作ができるというのが一般的かと思いますので、そのような設定を行います。

グローバルセキュリティの設定→セキュリティを有効化にチェック→ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース→権限管理:全員に許可

一度これで保存します。

これでユーザーが作成できるようになるので、ユーザーを作成しましょう。

ユーザーを作成したあとですが、このままほうっておくと誰でもユーザーが作れるようになってしまうので、

再びグローバルセキュリティの設定画面に移行し、

ユーザー情報:jenkinsのユーザーのデータベース(サインアップに許可のチェックをはずす)
→権限管理:行列による権限設定

匿名ユーザーには全ての権限をはずし、該当ユーザーの権限を任意に決めます。

これで指定されたユーザーのみがログインして操作が行えるようになります。

Jenkinsでユーザー管理してみる

トラブル

jenkinsのユーザー作成でセキュリティを有効化したらその後ログインできなくなる・・ということが発生しました。

この場合、画面からログインできなくなります。その場合、

/var/lib/jenkins/config.xml

でuseSecurityをfalseにすればOKです。

nginx + jenkins でユーザログインを設定→アクセスできなくなった

-Java
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベース文字コード対策他

Contents1 JDBC文字化け対策2 BigDecimal2.1 ソース2.2 参考リンク3 CreateQuery4 jsfのconvertNumber JDBC文字化け対策 データベースがu …

no image

例外処理について その2

以前、「例外処理について」で例外処理について記述をしたんですが、漠然としていたのともう1回まとめなおしたかったため、メモしておきます。 Contents1 例外とは?2 例外のクラス分け2.1 Thr …

no image

型パラメータに関して その2

Javaでオブジェクト指向に基づいたコーディングをするために必須であり、最初の難関だったのが型パラメータでした。 Contents1 型パラメータが必要なケース2 型パラメータの制限3 クラスインスタ …

no image

persistence.xmlのプロパティについて

JavaEEではデータベースとの設定情報はpersistence.xmlに記述します。 (ユーザー名、パスワード、ポート、driver名、データベース名などの情報はglassfish-resource …

no image

日付がらみの処理に関して(MySQL&Java)

MySQL触りだして3年ぐらいたつんですがいまだに整理できないことが多いです。(特に日付がらみ) ちょっとJavaのネタと合わせて整理しておこうかなーと思います。 Contents1 MySQLの日付 …