skillup

技術ブログ

Java

開発環境と本番での設定ファイル変更

投稿日:2015年9月5日 更新日:

開発と本番で設定ファイル自体(web.xmlなど)はわけると思うのですが、以前はわからず、開発のものと本番のものを手動でわけていました。

Javaでどうやってやるかを調べたところ、pomにかなり便利な記述方法がありましたので紹介させていただきます。

profilesというタグを使いprofileをここに設定することで使い分けられるようです。

本番用のディレクトリを作り、その中にweb.xmlだけ作ればOKです。

ちなみにローカルの環境はnetbeansで「プロジェクトファイル」を右クリックし、「構成」を選べば、profileのidがでてきますのでそのまま選択してあげればOKです。

一度決定してあげればあとは自動です。

また本番の反映に関してはmavenでタスクを実行するときに「mvn package  -P remote_dev」などと引数を与えてあげると本番用の設定ファイルでデプロイされます。

参考リンク

設定ファイルの書き換え
maven-war-pluginで環境ごとの設定ファイルを管理してみた
maven-war-pluginで設定ファイルとweb.xmlを書き換えたWarを作ってみる

web.xmlの記述法など
http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_servlet5.htm

-Java

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jenkins構築

いままでjenkinsについての記事を書いていなかったので記録しておこうと思います。 Contents1 前提条件2 jenkins構築3 設定ファイル変更(ポート&URL変更)4 セキュリティ有効化 …

no image

JSONへの変換

近年はJavaSciprtを利用した動的なサイトが多いため、データのやり取りをAjaxで行うことも多かったりします。 JavaScriptの場合、データをJSON形式で扱うため、サーバー側からレスポン …

no image

JSFのifタグ

JSFは基本的にテンプレートなので、 HTML+CSS+JavaScript ロジック側からの変数の出力 ループ処理 以上のことをさせることはあまりありません。 が、まれに条件分岐なんかをさせたいとき …

no image

配列の参照の仕方

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。) これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …