skillup

技術ブログ

Java

クラスパスの通し方

投稿日:2015年9月10日 更新日:

今回はNetbeansでなく、IDEを使わずにJavaを使う場合の記事です。

Javaで開発している人の99%はIDEで開発をしていると思うのですが、サーバー上で一時的テストをしないといけないような場合、サーバー上で当然IDEは使えません。

今回メール送信のプログラムを作る機会があったんですが、いちいちWindows上でコンパイルしてサーバー上にデプロイとかは面倒だったので、サーバー上でテスト的なプログラムを直接書くことに。

で、ここで参ったのがクラスパスで他のライブラリを読み込むときです。

IDE使っているとpom.xmlに記述して終了なんですけど、サーバーだとそうはいきません。(してもいいのですが、めんどい)

がコンソールだけでクラスパスを通したことがなかったので結構苦戦しました。

コンソール上でクラスパスを通す場合

まずコンパイル段階でクラスパスを通します。

javac -classpath ライブラリのパス プログラムのパス

例:javac -classpath javax.mail-1.5.4.jar JavaMailExample.javaなど

この時点でとおってないといろいろとエラーがでます。

次に、実行時にもクラスパスを通す必要があります。

java -classpath :ライブラリのパス プログラムのクラス名

例:java -classpath :javax.mail-1.5.4.jar JavaMailExample

コロンを書くのがポイントです。

参考リンク

javaコマンドを使いこなす

-Java

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テストコードの実装

以前、テストコードの大切さを力説しましたが、実際に書いてみると作業の安心度が全く違います。 やはりメソッド単位での確認やデバッグができるのは非常にありがたいです。また時間がたってもテストコードを見るこ …

no image

BeanValidationの動的メッセージ出力について

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。 アノテーションなどを付与してあげ …

no image

RedmineAPI活用法

自社ではRedmineで基本的にタスク管理をしておりまして、チケット作成に手当がついたりします。 Redmine単体でもいろいろな機能があるのですが、 今月の作成したチケットと完了したチケットを手当と …

no image

CSVの保存、文字列としての出力

前回のエントリーではJSfでのCSVダウンロードについて書きましたが、実際にCSVの配列を作る処理について書きます。 CSVのアップロードの時に使ったのと同じCommonsCSVを使います。 Cont …

no image

Javadocに関して

業務で社内で使うクラスライブラリを作成中です。 他人に使ってもらうものなのでコメントやドキュメント周りの整備が必要になり、javadocをしっかり作りたいと思っています。 Contents1 java …