skillup

技術ブログ

Database Java

DBUtils活用 その2

投稿日:2015年9月12日 更新日:

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ

以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。

ソース

以前はBeanListHandlerになっていましたが、今回はMapListHandlerになっています。

注意点としてはかえってくるMapの方はデータベースの型をそのまま引き継ぎます。

例えばDatabaseにintで保存してあればIntegerです。なので受け取るMapは<String,Object>にしておきましょう。

しかしMap<String,String>にしてもコンパイルエラーは発生せず、getのときに怒られました。

ジェネリクスが使われる前の仕様ということでしょうか・・・

参考リンク

1. 検索処理の概要

-Database, Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Streamについて

Java8で導入されたStreamですが、名前はしっていたものの、使い方がわからず放置していました。 これを機に調べたのですが、コレクションフレームワークの拡張のようですね。 特徴としては以下のような …

no image

依存関係エラー

JavaEEで新PCでビルドしたらいきなりエラー。同一のソースを別PCで動かすと正常に立ち上がります。 こんな場合、GlassFishの設定がおかしいか、ライブラリの依存関係に問題があることがほとんど …

no image

サブクエリ 応用編

本日も引き続きサブクエリです。 前回とちょっと近いですが、下記のような歯抜けのテーブル(sales2)があるとします。 year | sale ——+—&#8212 …

no image

MySQLのSETとFIND_IN_SETについて

MySQLの方ですが、単純な文字列や、数字、日付の他に配列に近いSET型、また5.7以降ではJSONなどを入れることができます。 Contents1 SET型2 FIND_IN_SET SET型 いわ …

no image

BeanValidationの動的メッセージ出力について

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。 アノテーションなどを付与してあげ …