skillup

技術ブログ

Database Java

JPQLでの算術関数

投稿日:2015年9月19日 更新日:

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。

JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。

サンプルケースその1

検索結果がSUMやCOUNTなどの数値のみの場合

例えばid とscore(点数)のみのエンティティ(Student.classとします。)があるとし、

これの合計値を求めたい場合下記のように取り出すことができます。

サンプルケースその2他のレコードと一緒に算術式も出す場合

例えば

ある会社の部署(プロパティ id, departmentName)と

社員(id,departmentiId,age)があり、ある部署の社員の年齢の合計を出したいとします。

こちらは少々複雑でDTOというクラスを作ります。

このリレーションに関しては、こちらの記事でも書いてまして、基本的には同じです。

  • エンティティを継承する(エンティティのプロパティをそのまま使える)し、コンストラクタ式を使う
  • 合計値やリレーションのプロパティなど既存のエンティティにないものを持てる

BushoDto

JPQLでのコード

上記のようにすることでO/Rマッパーを使った算術式が使えます。

参考リンク

JPQLで使用可能な算術関数

http://itref.fc2web.com/java/jpa/

GlassFish勉強会で金魚本に載ってないJPQLの話をしてきた

JPQLでの算術式のサンプルコード

JavaEE使い方メモ(JPA その3 – JPQL)

JavaEE使い方メモ(JPA その4 – クライテリアAPI)

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。 ※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。 例1 ある条件により別の列を使いたいとき、 [crayon …

no image

Streamでの特定条件化のカウント&合計値算出

Java8、streamで値を抽出し、カウントと合計値の算出について、小ネタです。 一番多いのがList<Map>タイプの値の検出です。 [crayon-5f2d4a2eb95e90863 …

no image

複合コンポーネント

JSFではラベルやテキストといったコンポーネントをグループ化し、一つのまとまりとすることができます。 メリットとしては似たような部分をテンプレート化しておくことで保守性を向上させることができます。 さ …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …