skillup

技術ブログ

Java UI

Seleniumの値基本動作まとめ

投稿日:2015年9月24日 更新日:

以前、「Seleniumでの画面テスト」というエントリーでのテストフレームワークとして、Seleniumを紹介しました。

上記のエントリーですが、単なるインストールと基本的な起動、簡単な文字入力ぐらいしか書いてないですね。

ちょっとここで整理しておこうかと思います。

なお、HTMLの要素の取得に関してはすべてidでの取得を前提に考えています。

idの生成に関して

先述したエントリーでも書きましたが、idは親のformのid:自分のidになります。

通常のidの考え方と違うのでこの部分が注意です。

通常のテキストの取得

指定idのコンポーネントのテキストを取得したいとき

テキストボックスへの値の入力

指定idに値を入力するケース

プルダウン

指定idに値を入力するケース

注意点として、プルダウンは値ではなく、画面の表示項目です。option value=””のほうではなく単純に画面に表示されている値をセットすることになります。

参考リンク Selenium WebDriver使ってみた③ フォームの選択方法編

ラジオボタン

指定idに値を入力するケース。プルダウン同様、画面表示値をセットします。

チェックボックス

指定idのチェックボックスにチェックを入れるとき

参考リンク Selenium WebDriver使ってみた② 自動ログイン編

ボタンクリック

指定idのボタンをクリックするとき

ダイアログの回答

ボタンクリック後のアラートをSeleniumから聞くときの動作

参考リンク  [Selenium2] 自動テストで、ダイアログもテストしてしまう

他にもいろいろありますが、とりあえず入力、ボタンを押す、画面のテキストを取得の最低限の動作はこれでできます。

-Java, UI
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リソースファイルの読み込み

リソースバンドルは基本的にJSFから参照して呼び出すことが多いんですが、もちろんプログラム内からも呼び出すことはできます。 書き方も単純でリソースバンドルをインスタンス生成してメッセージのキーで呼び出 …

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

文字列変換系処理まとめ

Javaで文字列の変換(全角、半角など)の処理のまとめです。 ブログに記事として書こうと思ったのですが、丸々コピペになってしまうので、それじゃあ元リンクを紹介したほうがいいかなと思い、今日は基本的にリ …

no image

JPAのdetach

このブログで何回か書いてきたんですが、JPAを使うときにpersisit=insert,merge=updateではないです。 参考リンク JPAまとめ JPAでのデータベースとの同期 実はJPAでf …

no image

JSFとManagedBeanがバインドされない

JSFとmanagedBeanはEL式.プロパティでバインドできますが、専用のタグを使わないとバインドされません。 managedBeanでtestというフィールドがあった場合、 JSF側で [cra …