skillup

技術ブログ

Java UI

Seleniumの値基本動作まとめ

投稿日:2015年9月24日 更新日:

以前、「Seleniumでの画面テスト」というエントリーでのテストフレームワークとして、Seleniumを紹介しました。

上記のエントリーですが、単なるインストールと基本的な起動、簡単な文字入力ぐらいしか書いてないですね。

ちょっとここで整理しておこうかと思います。

なお、HTMLの要素の取得に関してはすべてidでの取得を前提に考えています。

idの生成に関して

先述したエントリーでも書きましたが、idは親のformのid:自分のidになります。

通常のidの考え方と違うのでこの部分が注意です。

通常のテキストの取得

指定idのコンポーネントのテキストを取得したいとき

テキストボックスへの値の入力

指定idに値を入力するケース

プルダウン

指定idに値を入力するケース

注意点として、プルダウンは値ではなく、画面の表示項目です。option value=””のほうではなく単純に画面に表示されている値をセットすることになります。

参考リンク Selenium WebDriver使ってみた③ フォームの選択方法編

ラジオボタン

指定idに値を入力するケース。プルダウン同様、画面表示値をセットします。

チェックボックス

指定idのチェックボックスにチェックを入れるとき

参考リンク Selenium WebDriver使ってみた② 自動ログイン編

ボタンクリック

指定idのボタンをクリックするとき

ダイアログの回答

ボタンクリック後のアラートをSeleniumから聞くときの動作

参考リンク  [Selenium2] 自動テストで、ダイアログもテストしてしまう

他にもいろいろありますが、とりあえず入力、ボタンを押す、画面のテキストを取得の最低限の動作はこれでできます。

-Java, UI
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

arquillianでの外部ライブラリ使用

現状、実務ではDBのテストでは基本的にarquillianを使っています。 arquillianとにかく、重いですね~。 まあglassfishを動かしているので仕方ないかもしれませんが、簡単なテスト …

no image

Angularモジュール間の読み込み

Angularで以前こちらで、複数のコントロールに分ける方法を書きましたが、コントローラーだけでなく、Factory,ServiceなどいろいろなタイプのサービスがAngularにはあります。 プログ …

no image

オートコンプリートのプラグイン

最近だとフォームの入力画面で最初の数文字を入力すると候補を予測して表示してくれる機能(=オートコンプリート)があることが一般的ですね。 いろいろなプラグインがありますが、今回お勧めしたいのはBoots …

no image

glassfishとDB接続 ~CUI操作~

JavaEEではDBを使うときにglassfish内で設定が必要です。 基本的にはGlassFishでDB接続などのようにブラウザで管理画面から情報を入力することが可能です。 ただCUIや設定ファイル …

no image

型情報の取得・活用について

Javaで抽象度の高い実装を行うときに必要となる型情報の活用法について。 できるとできないとでプログラムの応用範囲が変わってくるのでメモっときます。 こちらのエントリーと合わせて読むといいと思います。 …

アーカイブ