skillup

技術ブログ

PHP

PHPでの日付関数の扱い方

投稿日:2015年10月2日 更新日:

このブログの投稿数ももう少しで150近くになりました。

で、9割以上がJavaなんですが、私はPHPのスクールを運営しています(笑)

ということでPHPのスキルを忘れてはいけないということで、今日はちょっとPHPの日付関数の復習なんかをします。

日付関数

Javaと比べるとここら辺の扱いが非常に楽ですね。

まあJavaもライブラリ入れれば問題ないんですけど、PHPだと標準で簡単な関数がいっぱい組み込まれているので、簡単にスクリプトが書けます。

基本的には表示はdate,操作はstrtotimeでいいと思います。

date

timestampを与えて、日付を表示します。

date(“Y-m-d” ,タイムスタンプ)みたいな。

公式のdateの説明 http://php.net/manual/ja/function.date.php

で、タイムスタンプなんてどうやってつくんのさーということころで便利なのがstrtotimeです。

strtotime

ちょっと前まではmktime使ってたんですけど、先輩にそんなもん使うなーといわれ今ではほぼこれ一択です。

このライブラリが結構すごくて引数に直でyyyy/MM/ddを入れたり+1month(1か月後)みたいなのを文字として書けちゃうところです。

公式のstrtotimeの説明 http://php.net/manual/ja/function.strtotime.php

サンプルパターン

現在日付からn日の取得

上記はマイナスをプラスにかえれば当然n日後などになります。

日付の入力はyyyy-MM-ddでもOK

2つの日付の大小を判定する

など

ちなみに今の時間を表記するときはstrtotime(“now”)でOK

2つの日付の差(何日間あるか)を求める

また日付の関数はタイムゾーンが設定されていないと動かないことがあります。
その場合、php.iniをいじればいいのですが、設定ファイルをいじるのが怖い場合は下記のようにプログラムの冒頭部分に書いておけばOKです。

他strtotimeのリンクなど

http://php-beginner.com/function/datetime/strtotime.html

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

phpmdによるコードチェック

現在のプロジェクトですが、コードレビューなどをされる環境にはないため、一人で書いていると自然と規約とずれた書き方になっていることもあります。 規約通りに書こう、書こうと思っていてもなかなかその通りに書 …

no image

LaravelでのAPI実装

Laravelで外部からAPI叩いてデータ入力みたいなことをしたかったのでこれを機に勉強。認証とかを通してないのでそのまま公開すると危険です・・(汗) 参考リンク [PHP] Laravel5.6で、 …

no image

PHPで配列の同一性(集合のチェック)

AとBという配列があり、A⊂B つまりは集合のような関係を確かめたいときに下記のようなメソッドを使います。  

no image

Queueの登録と実際の処理に関して

実務でQueueに絡んだ処理をする機会があったのでメモ。 Contents1 Queueとは2 Laravelでのキュー処理2.1 キューを記録しておく場所2.2 処理を登録する場面(当然まだ処理は行 …

no image

S3 commandPoolについて

S3のcommandPoolに関して。 S3にファイルをアップロード、ダウンロードするときに、1つ1つファイルをアップロード、ダウンロードすることが一般的かと思いますが、ファイル数が多くなるとなかなか …