skillup

技術ブログ

Java

JSPでのインクルード

投稿日:2015年10月5日 更新日:

JSPで社内アプリを作る機会があったので、メモ。

基本的なこともまだわかっていないんですが、とりあえずでてきたものから紹介してきます。

インクルードから。

ヘッダー、フッターみたいな別々に分けたりするテンプレート機能みたいなものがあるのかな?と思ったんですがありました。

jsp:include

<jsp:include>タグを使うみたいですね。

例えば、main.jspとheader.jspというテンプレートがあります。

header.jspのパスですが、ルートディレクトリにtemplateというディレクトリをつくり、ここにheader.jspを入れます。

main.jspで挿入部分に

と記述し、header.jspで下記のように書けばOKです。

変数まで渡せるのがいいですね。

ただ問題あって下記2点がネックです。

文字化けする

参考リンクにいろいろ解決策はありましたが、結局使わずにいたので解決してません(汗)

文字列以外渡せない

これが結構焦りました。foreachで展開しようと思っても駄目だったので・・

どうやらヘッダーとかフッターとかあくまで静的な文字情報を渡すだけみたいですね・・・

参考リンク

JSPでページをテンプレート化

http://qiita.com/Shun0750@github/items/a4e7487f091cfd42b91a

JSPのインクルードに関連する文字化けを解消

jsp:paramアクションタグで配列を渡す方法

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ApacheCommonsのライブラリ

先日のエントリーでBeanUtilsが非常に使えるという話をしたのですが、それ以外にもApacheCommonsのライブラリには使えるものがかなりあります。 かなりあります、というかなぜ今まで使ってな …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …

no image

DBUtils活用

普段はJavaEEで開発を行っているのでデータベースへのアクセスはJPAを活用しています。 ただ、JavaEE環境だとglassfish経由でデータベースを動かしているので、glassfishを動かさ …

no image

try-with-resourceの使い方

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。 Contents1 ファイルの入出力について2 try-with-resource3 参考リ …

no image

JSFでのCSVダウンロード機能

JSF+CDIでCSVダウンロード機能を実装するときの処理です。 結構、汎用的でいろんなところででてきますね。 Contents1 コード2 参考リンク コード [crayon-607683888e7 …