skillup

技術ブログ

Java

JavaEEでリダイレクトを伴うデータ入出力(flashの活用)

投稿日:2015年10月19日 更新日:

JavaEEで何らかの処理を行い、リダイレクトさせる場合、リダイレクト前のデータを保存し、リダイレクト後のページにデータをもちこしたいときなどがあると思います。

オブジェクトの変数自体はスコープアノテーションで管理していますが、こういった単独の変数を持ち越したいときにどう使えばよいか迷うことが多いでしょう。

私もあまり情報がでてこなくて迷いましたが、flashオブジェクトを使うと、Map型式で変数を持ち越すことができます。

リダイレクト前になんらかの処理をするページ

リダイレクト後に移動するページ

これで値を運ぶことができます。

よく考えたらメッセージの持ち越しなんかはこの手法を行っていましたね。

参考リンク

JSF 2.0のフラッシュ記憶

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

型情報の取得・活用について

Javaで抽象度の高い実装を行うときに必要となる型情報の活用法について。 できるとできないとでプログラムの応用範囲が変わってくるのでメモっときます。 こちらのエントリーと合わせて読むといいと思います。 …

no image

JSFでのCSVダウンロード機能

JSF+CDIでCSVダウンロード機能を実装するときの処理です。 結構、汎用的でいろんなところででてきますね。 Contents1 コード2 参考リンク コード [crayon-61a344aaab8 …

no image

mavenでのjarファイル作成

ここ半年Javaを触っていますが、9割以上がWEBアプリでバッチ系のものを作る機会から外れていました。 今回バッチを作っており、IDEでは動くのにいざコンソールで動かそうと思ったら動かないということが …

no image

try-with-resourceの使い方

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。 Contents1 ファイルの入出力について2 try-with-resource3 参考リ …

no image

Javaでのコーディングで気を付けること

会社でSoftWareDesignを定期購読しており、Javaのコーディングで気をつけることなどがあったので、ちょっとチェック。 以前も似たようなエントリーは書いたことがあったのだけど、再確認。メモ書 …