skillup

技術ブログ

Java

サーブレットのスコープ

投稿日:

JavaEEではスコープアノテーションによって変数のスコープを使い分けられたのですが、サーブレットの場合はプログラムの中で使い分けます。

通常はページ、リクエストとセッション、アプリケーションぐらいでしょうか。ちょっとスコープについて整理しておきましょう。

スコープの範囲

ページ

そのページ単体だけで使われるスコープ。ほかのページとの共有の必要がない場合のみ使われる。最もスコープが狭い。

<c:set>タグなどで設定できる

リクエスト

現在のページと現在のページからフォワード、インクルードされる中で有効。

リダイレクトされると消える。

セッション

セッションの範囲内でBeansを保持する。ユーザーが現在のアプリケーションを保持する間中有効。

わかりやすい例としては買い物かごなど。

アプリケーション

現在のアプリケーションでアクセスしている全ユーザーが共有できる最も広範囲のスコープ

スコープへの変数の格納方法

ページはjsp内のみで有効です。まだ使ったことないんですが(汗)

リクエスト、セッション、アプリケーションについては下記のようにセットしたり、取り出したりします。

残念ながらJSFでよく使うFlashはないようです。便利だったのになぁ・・・

参考リンク

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_jsp8.htm

http://www.javaroad.jp/servletjsp/sj_servlet4.htm

また上記のスコープの記述に関しては

独習Javaサーバサイド第2版を参考にしました。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DBUtils活用

普段はJavaEEで開発を行っているのでデータベースへのアクセスはJPAを活用しています。 ただ、JavaEE環境だとglassfish経由でデータベースを動かしているので、glassfishを動かさ …

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

配列の初期化&代入+Mapから別Map作成

最近、業務ではコードの量が肥大化し、とにかく短く書くことを心がけてます。 まあ、短ければいいってもんでもないんですが・・・ Listにクラスを使いするときに↓みたいな書き方を紹介したんですが、 [cr …

no image

Glassfishの暴走に関して

JavaEEのアプリケーションサーバーではglassfishを使っているんですが、 メモリをかなり食うのと、頻繁に暴走してIDEからの処理を一切受け付けなくなることが多いです。 まだまだ全然対処法がわ …

no image

Optionalについて その1

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。 Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可 …

アーカイブ