skillup

技術ブログ

Java ドキュメント作成

新アプリの本番環境デプロイについて

投稿日:2015年10月22日 更新日:

新しく作ったWEBアプリを本番配置しようとしたんですが、何度もやっているはずの処理がいざやろうとするといろいろと手間取ってしまい、1時間近くかかりました。

容量悪いなーと思いつつ、こういった行為はなるべくルーチン化して何も考えずにアップしたいところですね・・・

とりあえず重要操作をメモ

設定ファイルの修正

本番と開発で設定ファイルの運用が違うような場合、設定しておく必要があります。

http://skill-up-engineering.com/?p=705

jenkinsの設定

jenkinsでジョブのビルド。

gitがプッシュ設定

gitでプッシュしたときにjenkinsのビルドをたたくようになっているか。

http://skill-up-engineering.com/?p=364

http://skill-up-engineering.com/?p=667

nginxのリダイレクト設定

locationディレクティブの設定。

昨日はこれで時間をとられました・・

glassfishのDB登録

glassfishを通してDBの登録

以上かな、今回はglassfishのDB登録がなかったんでワンステップ少なかったんですが、面倒ですね・・・

-Java, ドキュメント作成
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

30分で完成! テーブル定義書&ER図 自動作成

現在携わっているプロジェクトでテーブル定義書やER図を作成することに。 えーこういった資料の特徴として、 年月を経るごとに本番との差分ができてしまい、結局だれも見ない・・・なんてことになりがちですよね …

no image

イテレーターに関して

Javaの繰り返しでイテレーターという概念がありますね。 今はあまり使われなくなっているようですが、資格の勉強をしていたら出てきたのと、たしなみとして知っておく必要があるため、記述します。 ソース [ …

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

no image

try-with-resourceの使い方

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。 Contents1 ファイルの入出力について2 try-with-resource3 参考リ …

アーカイブ