skillup

技術ブログ

デザイン

GIMPでの薄膜レイヤー&縁取り

投稿日:2015年10月24日 更新日:

えー本業はプログラマなんですが、ガチンコ塾のブログの画像なんかもたまに作ってます。

まーほとんど素人なんですけどね(笑)

一応昔にPhotoshopとIllustratorは使ってました。今では忘却の彼方ですが・・・

復習もかねてちょこっとした画像とかを作れると便利なので少しずつ画像処理ツールをいじってます。

画像処理系で使っているのはGIMP2.8です。

作品なんぞを。

blog_database01 blog_thanks

えーまだやり始めたばっかりなんですが、とりあえずよく使う技術を。

薄い膜の作り方

「あなたもハッカーに!?」のところで使っている技術なんですが、

  1. 新規レイヤー作成
  2. 透明度を下げる
  3. 文字に該当する部分を選択
  4. 選択範囲の反転
  5. 削除キー

とやるとちょうど上記のようなうすい膜ができます。

縁取り

THANKS!の猫のやつですね。

うすーく灰色の淵があります。これ自体はなくてもよかったかも(汗)

フォントのレイヤーを複製

右クリックで「不透明部分を選択範囲に」を実行

テキストが選択されるので選択範囲を拡大(2px以上)

色を付ける

複製レイヤーをフォントのレイヤーの下に持っていく

参考リンク

GIMP入門 文字を黒色にフチどる

参考書のやつがversionが2.6で違ってて焦った・・・

-デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cssでのmax,minや画像の配置に関して

主に画像なんかで使われるんですが、max(min)-width(height)などの使い方に関して。 えーmax(min)はどういうときに使われるかというとまず可変な要素に対して使われることが多いです …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

bulmaフレームワークに関して

以前から使っているbulmaフレームワークですが、ドキュメントをフルで読んだことがなく、いい機会なので全て読み、ポイントをメモります。 https://bulma.io/documentation/ …

no image

bulmaフレームワークに関して form編

前回に続き、bulmaフレームワークのCSSのformがらみに関して。 ソースはこちら メモ的に。 controlはinput,select,textareaなどをwrappingする要素。通常だとあ …

no image

object-fitによる画像比率を保ったセンタリング

CSSでレイアウトを組むときにネックになるのが画像のレイアウトです。 と言うのも可変要素であり、幅を制御するのが難しかったりします。 参考リンク メインで使う画像のcssについて まあ縦長とか横長とか …