skillup

技術ブログ

JavaScript

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

投稿日:2015年11月9日 更新日:

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。

入力欄にフォーカスして、遷移したときにすぐにエラーチェックなどができるとユーザーにとっては使いやすいですね。

HTML側でBootstrapを使っており、そんなシステムの必要性があったのでメモしておきます。

jquery validation

http://jqueryvalidation.org/

結構有名どころみたいですね。

処理も簡単です。

ここからダウンロードし、htmlと同階層にjsというフォルダを作り、そこにおいてあげ下記のように読み込ませてあげればOKです。(※あとは後述する自作のJavaScriptを読み込ませればOKです。)

htmlのソース

まずはform部分です。

エラーチェックを行うjavascript

エラーメッセージ以下の処理はまだ私の理解が追いついてないです。

わかり次第、書いていきます・・・

参考リンク

jquery validation
高機能ライブラリ「jQuery」とそのPlugin「Validation」

bootstrapとの組み合わせ
jQuery ValidationをTwitter Bootstrapと組み合わせて使う

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新技術のメリットを理解したい場合(jQueryと比べた場合のVueのメリットなど)

Vueを昨年度ぐらいからコツコツと勉強しています。 正直、その理由の半分ぐらいは「流行っているから」というのが大きいですね(汗) エンジニアとしてはやはり新しい技術自体を追い求めること自体に「快感」の …

no image

Angularでのイベント+改行+echoでのバッファサイズ変更

Contents1 Angularのイベント処理2 Angularでの改行ネタ3 echoでのバッファサイズ変換 Angularのイベント処理 Angularを使っていて楽なのはHTMLタグにインベン …

no image

JavaScriptのexport

JavaScriptのexportについて。 es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。 気をつけるポイントとしては、 …

no image

PHP(DBアクセス)→HTML→Angularを実行するために

AngularJSでデータベースをつかうときには$httpや$resourceを使うことが多いですが、それ以前にAngularを読み込んでデータベースにアクセスしないことも重要かと思っています。 とい …

no image

プルダウン連動のJS+動的要素のイベント追記(ライブラリのイベント)

JSがらみでちょっとした小ネタを。 Contents1 プルダウン連動2 動的要素へのイベント追加(ライブラリのイベントなど) プルダウン連動 大カテゴリ→小カテゴリなどとあった場合に、新規だけではな …

アーカイブ