skillup

技術ブログ

JavaScript

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

投稿日:2015年11月9日 更新日:

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。

入力欄にフォーカスして、遷移したときにすぐにエラーチェックなどができるとユーザーにとっては使いやすいですね。

HTML側でBootstrapを使っており、そんなシステムの必要性があったのでメモしておきます。

jquery validation

http://jqueryvalidation.org/

結構有名どころみたいですね。

処理も簡単です。

ここからダウンロードし、htmlと同階層にjsというフォルダを作り、そこにおいてあげ下記のように読み込ませてあげればOKです。(※あとは後述する自作のJavaScriptを読み込ませればOKです。)

htmlのソース

まずはform部分です。

エラーチェックを行うjavascript

エラーメッセージ以下の処理はまだ私の理解が追いついてないです。

わかり次第、書いていきます・・・

参考リンク

jquery validation
高機能ライブラリ「jQuery」とそのPlugin「Validation」

bootstrapとの組み合わせ
jQuery ValidationをTwitter Bootstrapと組み合わせて使う

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptのthisについて

今回はJavaScriptのthisについて。 JavaScriptのthisの場合、呼び出し方によってthisの参照先が変わります。 4種類あるとされていますが、使われ方で分類すると私の場合、下記の …

no image

package.jsonによるタスクの実行

前回の記事でgulpによるタスクの実行を書きましたが、package.jsonでこれを行うこともできます。 てっきり依存ライブラリの記述だけかと思いますしたが、様々なタスクを実行できるようですね。イメ …

no image

gulpに関して

gulpに関しての復習と色々と間違っていたところもあるのでまとめ。 ちなみに以前書いた記事は下記 gulpインストールとタスクの実行 Contents1 インストール2 タスクの実行3 npxコマンド …

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …

no image

Angular複数ファイルでの読み込み

Angularでいろいろな処理を書いているんですが、処理が膨らんでくると1つのファイルに全ての処理を書いていては当然非効率になります。 ざっくり分けると ほとんどの処理に共通な処理を集めたファイル 特 …