skillup

技術ブログ

PHP

WordPressでのアイキャッチ画像

投稿日:2015年11月10日 更新日:

このブログと並行して更新しているガチンコ塾のブログですが、アイキャッチをブログ内にいれました。

画像をいれると文章の見やすさもだいぶ変わってくると思うので、アイキャッチの入れ方についてここに書いておきます。

毎回投稿時自動的に入れる方法

常に記事の先頭にいれる方法ですが、普通にsingle.phpなど記事投稿を行っているテンプレートに

と入力してあげればアイキャッチ画像が自動的に入ります。

‘full’の部分を変えることによってサイズ変更ができます。

出力する位置ですがthe_content()の上あたりがベストかと思います。

参考リンク

codex テンプレートタグ/the post thumbnail

タグでいれる方法

これはアイキャッチを任意のタグで管理しておき、タグを記事内に入力して任意の場所で画像を出力できる方法です。

書こう・・と思ったんですが、ほぼ丸々コピペになるので、それであればリスペクトの意味もこめてリンクを貼ることにしました。このパターン多いな・・・(汗)

WordPress 記事内の任意の場所にアイキャッチ画像を表示する方法

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

laravel Mix

Contents1 laravel Mix2 インストール laravel Mix 実務でlessを使っていて便利なのですが、コンパイルをatomのプラグインで行っていました。 ※保存されると自動的に …

no image

cakePHP Tips

cakeでの気づいたTipsなど。 知っているといろんな部分で開発が楽になります。 Contents1 作成日と更新日の自動設定2 scaffold3 新規登録と編集画面の作成4 htmlヘルパー5 …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

no image

composerでのライブラリ登録

今回はPHPのパッケージ管理ツールであるcomposerへのライブラリ登録を。 Contents1 ライブラリの作成2 packagistへの登録3 呼び出す側3.1 composer.json3.2 …

no image

CakePHP3でのコレクションに関して

プログラミングにおいて基礎となるのは配列、ハッシュの処理とオブジェクト指向の使いこなしです。 配列、ハッシュの処理に関しては自前でメソッドを書いてもよいですが、バグの温床になりやすいので、ライブラリを …