skillup

技術ブログ

PHP

WordPressでのアイキャッチ画像

投稿日:2015年11月10日 更新日:

このブログと並行して更新しているガチンコ塾のブログですが、アイキャッチをブログ内にいれました。

画像をいれると文章の見やすさもだいぶ変わってくると思うので、アイキャッチの入れ方についてここに書いておきます。

毎回投稿時自動的に入れる方法

常に記事の先頭にいれる方法ですが、普通にsingle.phpなど記事投稿を行っているテンプレートに

と入力してあげればアイキャッチ画像が自動的に入ります。

‘full’の部分を変えることによってサイズ変更ができます。

出力する位置ですがthe_content()の上あたりがベストかと思います。

参考リンク

codex テンプレートタグ/the post thumbnail

タグでいれる方法

これはアイキャッチを任意のタグで管理しておき、タグを記事内に入力して任意の場所で画像を出力できる方法です。

書こう・・と思ったんですが、ほぼ丸々コピペになるので、それであればリスペクトの意味もこめてリンクを貼ることにしました。このパターン多いな・・・(汗)

WordPress 記事内の任意の場所にアイキャッチ画像を表示する方法

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Cakeの共通処理

CakePHPだけに限りませんが、フレームワークの場合、オブジェクト指向の特徴を理解して、全ページに共通な処理などは個々のコントローラーに書くのではなく、もっと抽象度の高いクラスに書いたほうが保守性が …

no image

Laravelのサービスプロバイダ

ミドルウェアやルーティング同様、惰性で使っていたサービスプロバイダについてめも。 Contents1 サービスプロバイダとは2 参考リンク・参考文献 サービスプロバイダとは Laravelでは特定のサ …

no image

composer global require

composerでのglobal requireに関して。 composerでライブラリを読み込むとき、一般的には下記のどちらかで読み込むことが多いです。 composer.jsonに記述 [cray …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …

no image

PHP_CodeSnifferによるコードチェック

昨日の記事でphpmdという静的解析ツールを調査したんですが、それ以外にも規約にのっとっているかどうかコーディングをチェックできるツールはあります。 PHP_CodeSniffer https://g …

アーカイブ