skillup

技術ブログ

PHP

cakeでのUtilityメソッド

投稿日:2015年11月19日 更新日:

cakeではControllerから呼ぶメソッドはComponent,ModelはBehavior、ViewはHelperに記述するのが一般的です。

ところが、プログラムを書いているとUtility系のようなどこからも呼び出したいメソッドがでてきます。

それについてちょっと調査したのでメモします。

パス

まずUtility系のメソッドですが、/app/Vendorの下に置きます。

例えば/app/Vendor/の下にutilというディレクトリをつくり、その下に下記のようなプログラムをおくとします。

hello.php

呼び出し方ですが、任意の位置から下記のような呼び出し方でOKです。

 参考リンク

[CakePHP 2.x]Model,View,Controllerで共通する処理

-PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

php5.6のインストール+cake3でのbake

cake3を動かしたい場合、PHP5.4以上でないと動きません。 2016年1月現在、CentOS6でyumでPHPをインストールする場合、php5.3ですので、5.4以上を入れる場合、別のリポジトリ …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

no image

Laravelでのアプリ間のログイン連携

実務でLaravelで複数のアプリを作成し、アプリ同士でログイン連携をさせるという機能が実務であったため、メモします。 例えばhttp://example.comという売上管理のアプリでログイン認証を …

no image

laravelのmigrationに関して

DBのカラムの保守などをする場合のmigrationに関して。 ポツポツ使っていたのですが、しっかりまとめてなかったのでここでまとめて見ようかと思います。 Contents1 カラム定義2 実際の実行 …

no image

cakePHP Tips

cakeでの気づいたTipsなど。 知っているといろんな部分で開発が楽になります。 Contents1 作成日と更新日の自動設定2 scaffold3 新規登録と編集画面の作成4 htmlヘルパー5 …