skillup

技術ブログ

Database PHP

cakePHPでのマイグレーション

投稿日:2015年11月26日 更新日:

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。

そういったテーブルの構造を管理する手法の1つに「マイグレーション」というものがあります。

まだ学習段階ですが、データベースのバージョン管理のようなものかなという気がします。

cakePHPで今回そのマイグレーションに取り組んだのでメモをしておきます。

状況としてすでにリモートのサーバーにソースとDBがあり、ローカルのDBの変更を反映させたい状況だとします。

インストール

プロジェクトフォルダ直下(app)で

と入力。

と表示されればOKです。

マイグレーションの作成

最初はまだデータベースの履歴自体を登録していないので、その登録作業を行います。

YesNo型式でいろいろ聞かれるが全てYesでOK

と聞かれるが、これはマイグレーション(1つの履歴情報)のファイル名を聞かれています。

ここで入力してあげると新しいファイルがConfig/Migration直下に作成されてます。

マイグレーションの見方

と入力してあげるとバージョン名がでる。

またスキーマ(ファイル情報を格納しておくようなファイル?)の更新も合わせて行う


のようなメッセージが出力されます。

Config/Schemaの下にschema.phpというファイルが存在しています。

リモートサーバーへの反映

リモートサーバーにログインし、

と入力。

先ほど登録したマイグレーションの履歴情報が出力され、一番最後に下記のようなメッセージがでます。

ここで番号を入力してあげればOK

ちなみに今のデータベースのバージョン情報を見たい場合は

で見れます。ここでデータベースのバージョンが上がっていればOKです。

まだわからないことが山ほどありますが、とりあえず最初はこんなもんで。

参考リンク

Git submodule の基礎

CakePHP2系でマイグレーションを利用する方法

-Database, PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

phpenvで入れたphpの起動スクリプトに関して

以前、CentOS7.7にphp5.3を入れるという案件がありましたが、yumなどでは入らないため、phpenvで入れました。 phpenv5.3+php-fpm が、起動スクリプトを配置していないこ …

no image

MySQLでのlocalhostと127.0.0.1の違い

たまにMySQLでローカルのホストに接続する時に、localhostで接続するときと127.0.0.1で接続するときで挙動が違う(片方だとエラーになり、もう片方だとエラーにならない)などがあるのでちょ …

no image

PHPの配列操作

ながらく放置してました・・・ PHPを久々にやったんですが、やっぱり配列の関数・ライブラリが充実している分、作業がサクサクすすみますね。配列の操作でいろいろと学ぶところがあったんで掲載します。 Con …

no image

nginxの設定&php-fpmインストール

本日、久しぶりにPHPのWebアプリを別サーバーに移行したのですが、nginxの設定でかなり手間取りましたのでちょっと記録しておきます。 Contents1 nginxの設定1.1 インストール1.2 …

no image

ECCUBE3ディレクトリ構成

ECCUBE3のディレクトリ構造に関して。 自分用 自分用メモです。 設定情報 /app/config/eccube 定数 /src/Eccube/Common/Constant ログ /app/lo …