skillup

技術ブログ

Database PHP

cakePHPでのマイグレーション

投稿日:2015年11月26日 更新日:

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。

そういったテーブルの構造を管理する手法の1つに「マイグレーション」というものがあります。

まだ学習段階ですが、データベースのバージョン管理のようなものかなという気がします。

cakePHPで今回そのマイグレーションに取り組んだのでメモをしておきます。

状況としてすでにリモートのサーバーにソースとDBがあり、ローカルのDBの変更を反映させたい状況だとします。

インストール

プロジェクトフォルダ直下(app)で

と入力。

と表示されればOKです。

マイグレーションの作成

最初はまだデータベースの履歴自体を登録していないので、その登録作業を行います。

YesNo型式でいろいろ聞かれるが全てYesでOK

と聞かれるが、これはマイグレーション(1つの履歴情報)のファイル名を聞かれています。

ここで入力してあげると新しいファイルがConfig/Migration直下に作成されてます。

マイグレーションの見方

と入力してあげるとバージョン名がでる。

またスキーマ(ファイル情報を格納しておくようなファイル?)の更新も合わせて行う


のようなメッセージが出力されます。

Config/Schemaの下にschema.phpというファイルが存在しています。

リモートサーバーへの反映

リモートサーバーにログインし、

と入力。

先ほど登録したマイグレーションの履歴情報が出力され、一番最後に下記のようなメッセージがでます。

ここで番号を入力してあげればOK

ちなみに今のデータベースのバージョン情報を見たい場合は

で見れます。ここでデータベースのバージョンが上がっていればOKです。

まだわからないことが山ほどありますが、とりあえず最初はこんなもんで。

参考リンク

Git submodule の基礎

CakePHP2系でマイグレーションを利用する方法

-Database, PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

正規化について&EXTRACT

Contents1 正規化とは?2 第一正規化3 SQLネタ EXTRACT 正規化とは? 正確な定義は難しいですが、8割ぐらいあっている定義としては「適切なテーブルに分割すること」です。※ただし正確 …

no image

アプリケーションアーキテクチャについて 〜ドメインモデルに関して〜

前回のトランザクションスクリプトパターンの反省から 今回はいわゆるドメインモデルの具体例に関して。 ドメイン駆動型設計には以下のような特徴があります。 大きく、アプリケーションの構成を以下のように分け …

no image

コード静的解析ツールを使った際の気づきなど

最近のプロジェクトでコード静的解析ツール(phpcs,phpmd)を使った際の気づきなど コードを書きながら常時エディタがチェックするタイプのものでないとまず無理(保存するたびでも無理だし、コミット時 …

no image

SQL 集計関数の利用

先日同様、ある程度複雑な問題のSQLに関して。出典はSQL実践入門。 問題 下記のようなテーブル(テーブル名)で より古い年のデータが存在しない場合 NULL 直近の年のデータより売り上げが伸びた場合 …

アーカイブ