skillup

技術ブログ

Database PHP

cakePHPでのマイグレーション

投稿日:2015年11月26日 更新日:

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。

そういったテーブルの構造を管理する手法の1つに「マイグレーション」というものがあります。

まだ学習段階ですが、データベースのバージョン管理のようなものかなという気がします。

cakePHPで今回そのマイグレーションに取り組んだのでメモをしておきます。

状況としてすでにリモートのサーバーにソースとDBがあり、ローカルのDBの変更を反映させたい状況だとします。

インストール

プロジェクトフォルダ直下(app)で

と入力。

と表示されればOKです。

マイグレーションの作成

最初はまだデータベースの履歴自体を登録していないので、その登録作業を行います。

YesNo型式でいろいろ聞かれるが全てYesでOK

と聞かれるが、これはマイグレーション(1つの履歴情報)のファイル名を聞かれています。

ここで入力してあげると新しいファイルがConfig/Migration直下に作成されてます。

マイグレーションの見方

と入力してあげるとバージョン名がでる。

またスキーマ(ファイル情報を格納しておくようなファイル?)の更新も合わせて行う


のようなメッセージが出力されます。

Config/Schemaの下にschema.phpというファイルが存在しています。

リモートサーバーへの反映

リモートサーバーにログインし、

と入力。

先ほど登録したマイグレーションの履歴情報が出力され、一番最後に下記のようなメッセージがでます。

ここで番号を入力してあげればOK

ちなみに今のデータベースのバージョン情報を見たい場合は

で見れます。ここでデータベースのバージョンが上がっていればOKです。

まだわからないことが山ほどありますが、とりあえず最初はこんなもんで。

参考リンク

Git submodule の基礎

CakePHP2系でマイグレーションを利用する方法

-Database, PHP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jenkinsでのPHPのCIに関して

PHPでのjenkinsに関して。 PHPでのjenkinsといっても基本Javaなどと変わらないと思います。 何らかのトリガーでjenkinsのjobをビルド(一連のタスク)させる ビルドの内容はソ …

no image

論理設計のアンチパターン その2

今回は論理設計のアンチパターンの続きです。 今までに比べると何も意図がないというものではなく、パフォーマンスを考えて設計されているようなものが多いです。 ただし、中には絶対に許されないタイプのものもあ …

no image

エラーハンドリング

エラーが起きた時にPHPだと画面に出ますが(出ない場合は画面が白くなります)、これを検知し、ログに吐いたり任意の処理をできるのがエラーハンドリングです。 フレームワークなどにはほぼこの仕組みが内在して …

no image

データベース設計のアンチパターン 複数表結合,大作SQL,Blob型の乱用

データベースのアンチパターンに関して。 以前下記ブログでも書いたんですが設計のスキルに関してもう少し身に着ける必要があるとおもい、チェックします。 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー 論理設計の …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …