skillup

技術ブログ

Database Java

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

投稿日:

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。

JPAでのリレーションに関して

外部キー制約があるやり方はしっていたんですが、ないときの対処法はわからずじまいでした。

が、いろいろ試してみたところアノテーションでさっくりいけることが判明。

メモしておきます。

多対多は試していないんですが、1対多となる2つのパターンは確認できました。

1対多

1つ目は注文テーブル(sample_order)と注文詳細テーブル(orderline)のようなパターン

この場合、

注文詳細テーブル側が注文テーブルに属しており、どの注文テーブルにひもづけられるのか?というidをもっていることが一般的です。(今回はorder_idとします。)

sample_order がidだけをもち、

orderlineはid,item,price,order_idだけのテーブルだとします。

ブログなんかでユーザー→そのユーザーのコメントなんかがこのパターンですね。

サンプルが一番わかりやすいと思うので下記に紹介します。

SampleOrder.java

OrderLine.java(通常のエンティティを書けばよく、特別なことは書く必要なし)

これだけでSampleOrderのエンティティを取得すると、同時にOrderlineも取得できます。

多対1

もう一つは注文詳細テーブル-商品テーブルパターンです。

注文詳細側が商品テーブルのidを別名(product_id)でもっているパターンです。

注文詳細側をid,order_id,prooduct_id

商品テーブル側をid,name,priceで構成されているとします。

その場合下記のようになります。

OrderLine.java

Product.java(基本的にリレーションに関する情報はかかなくてOKです。)

組み合わせることでSampleOrderを取得すればProductまで一気に取得できます。

長年の悩みがやっと解けました・・・が、半年前に気づけてればよかったです(汗)。

ただ、超簡単なSELECTのリレーションしかやってないのでinsertのときとかはまたいろいろと調べることになりそうです。

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

集合としてのSQL その2

本日も前回に引き続き集合としてのSQLに入っていきます。 Contents1 完全一致のテーブル2 重複行の削除 完全一致のテーブル 下記のようなテーブル(supparts)があり、持っている部品が完 …

no image

配列の参照の仕方

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。) これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

transactionが切れた場合のロックの復旧方法

transactionをスタートしたまま、commitせずにプログラムを途中で止めた場合の処理について。 不用意にプログラムを止めないようにしましょう。 Contents1 ロックのメカニズム1.1 …

アーカイブ