skillup

技術ブログ

Database Java

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

投稿日:

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。

JPAでのリレーションに関して

外部キー制約があるやり方はしっていたんですが、ないときの対処法はわからずじまいでした。

が、いろいろ試してみたところアノテーションでさっくりいけることが判明。

メモしておきます。

多対多は試していないんですが、1対多となる2つのパターンは確認できました。

1対多

1つ目は注文テーブル(sample_order)と注文詳細テーブル(orderline)のようなパターン

この場合、

注文詳細テーブル側が注文テーブルに属しており、どの注文テーブルにひもづけられるのか?というidをもっていることが一般的です。(今回はorder_idとします。)

sample_order がidだけをもち、

orderlineはid,item,price,order_idだけのテーブルだとします。

ブログなんかでユーザー→そのユーザーのコメントなんかがこのパターンですね。

サンプルが一番わかりやすいと思うので下記に紹介します。

SampleOrder.java

OrderLine.java(通常のエンティティを書けばよく、特別なことは書く必要なし)

これだけでSampleOrderのエンティティを取得すると、同時にOrderlineも取得できます。

多対1

もう一つは注文詳細テーブル-商品テーブルパターンです。

注文詳細側が商品テーブルのidを別名(product_id)でもっているパターンです。

注文詳細側をid,order_id,prooduct_id

商品テーブル側をid,name,priceで構成されているとします。

その場合下記のようになります。

OrderLine.java

Product.java(基本的にリレーションに関する情報はかかなくてOKです。)

組み合わせることでSampleOrderを取得すればProductまで一気に取得できます。

長年の悩みがやっと解けました・・・が、半年前に気づけてればよかったです(汗)。

ただ、超簡単なSELECTのリレーションしかやってないのでinsertのときとかはまたいろいろと調べることになりそうです。

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

try-with-resourceの使い方

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。 Contents1 ファイルの入出力について2 try-with-resource3 参考リ …

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

日付けのメソッド その2

以前、時刻を扱うエントリーではCalendarクラスとDateクラスを使いましたが、Java8で標準になったTimeAPIについて調べてみます。 Contents1 現在時刻の出力2 任意時間の出力3 …

no image

Javaでのスクレイピング

スクレイピングというと一般的にはRubyが一番有名なようですが、もちろんスクレイピング自体はどの言語でも行うことができます。 Contents1 スクレイピングの手法1.1 正規表現1.2 HTMLパ …

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …