skillup

技術ブログ

Perl サーバー・ネットワーク

Vagarant+Eclipse(Perl)での作業環境構築

投稿日:2015年11月30日 更新日:

現在の案件でPerlの改修があるんですが、windowsだとモジュールの依存関係でうまくコンパイルできなかったりといろいろとトラブルが起こったんで、今はやりの仮想環境でやることに。

まだ完ぺきではないですが、一応仮想環境構築→Eclipseでログインし、ファイルにアクセスするところまではできました。

仮想環境構築

VirtualBox,Vagrantをダウンロード→インストール

普通にトップ画面からダウンロードし、ダウンロードしたソフトをインストールするだけです。

そして、任意の場所に適当なディレクトリ(例:project)作成

Vagrantfile作成

コマンドプロンプトで先ほどのディレクトリのなかに入り、VagrantでOSのイメージファイルを作成します。

例えばcentOSを使いたい場合はcentOSのイメージファイルみたいなものをここに作るわけですね。

んで、イメージファイルの作り方ですが、すでに用意されているものがかなりあるので、それを使います。今回はcentos-6.7のものです。

このコマンドを入力するとVagrantfileという設定ファイルのようなものができるので、それを編集します。

他のテンプレートはこちらから

Vagrantfile編集

上記のコメントを外してある部分を外してください。

またパソコン自体が仮想化を許可していない可能性があるので、その場合BIOSで仮想化を許可しておく必要があります。(詳しくは参考リンク参照。)

起動

vagrant upで起動し、centosが作られます。下記のような表示がでればOKです。

sample

sshログイン

sshでhost 191.168.33.10 port 22 user vagrant pass vagrant でログインできればOKです。

この時点であとで確認するために、sample.txtとなどとファイルを作っておきましょう。

参考リンク

仮想化支援機構(VT-x/AMD-V)を有効化できません Vagrant upでOS起動失敗した

vagrant up起動に失敗したら

Vagrantで利用するコマンド-仮想環境 起動とか停止とか

Eclipseでのリモート環境操作

なおEclipseをダウンロードする場合は、UltimateのFull editionを選びましょう。そうじゃないと入っていないプラグインが多いためあとあといろいろと面倒になります。

次にこの環境にEclipseでログインしてみましょう。

プラグインインストール

Eclipseでヘルプ→新規ソフトウェアのインストール
Luna - http://download.eclipse.org/releases/luna

と入力。

フィルターで「Dynamic」と入力すると、「一般用ツールキット - リモート開発サポート」がでてくるので選びインストールします。

具体的なライブラリ名は Dynamic Languages Toolkit -Remote Development Support です。

そのあと、再起動し、「ウィンドウ」→「パースペクティブを開く」→「リモートシステムエクスプローラー」を選択します。

※こちら当然Eclipseのバージョンによって違いました。Mars(4.5)だと下記リンクが参考になります。

EclipseからSSH接続してPHPを書く

接続

左の画面のエクスプローラーで右クリック→「新規」→「接続」→「SSHのみ」→「新規接続」でホスト名を入力すればOKです。

そのあとsftpかsshかといったことやユーザーやパスワードなどを聞かれるので、入力しましょう。

ここで先ほどつくったsample.txtが見えていればOKです。

参考リンク

Eclipse Keplerで仮想環境上(リモート上)のファイルを編集する。

追記

rootユーザーでもログインできますね。その場合もパスワードはvagrantです。

ちなみにPerlをEclipseで使うときはEpicというプラグインを入れると便利です。(下記記事参考)

[ActivePerl]eclipseにPerl開発環境(EPIC)を構築する

-Perl, サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

journald

CentOS7では従来のsyslogデーモンと並行してjournaldというログ管理サービスがあります。 Contents1 コマンド一覧2 参考図書・リンク コマンド一覧 [crayon-60767 …

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

シェル基礎2

シェルコマンド使い始めて数年たちますが、いまだに知らないことはおおいですし、早く知っとけばよかった的なこともたくさんあります。 そんな小ネタ集を alias よく使うコマンドを別名で登録することができ …

no image

Amazon SESについて(Route53登録→SESで受信→S3で保存)

本日はAWSのSESのメモ。 2019年はJavaScriptとAWSを勉強する、と心に決め、JavaScriptの方は色々勉強しましたが、AWSの方が手付かずでした。 インフラ系はここ2年ぐらい進歩 …

no image

vagrant share

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。 1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そ …