skillup

技術ブログ

Git サーバー・ネットワーク

追跡ブランチからローカルブランチを作る方法~ (svn→gitの移行など)

投稿日:2015年12月4日 更新日:

SVNで運用されていたプロジェクトをgitに移行する機会があったのでその時のメモなどを。

思ってたよりは楽だったかな・・・

準備

gitとsvnが入っていることは当然なんですが、git-svnというライブラリをインストールする必要があります。

といってもyumで終了です。

参考リンク

subversionリポジトリでもgitが使えるgit-svn

yumを使わない方法も一応あるようです。

参考リンク

git-svnインストールからgit svn dcommit完了までの手順

実際の移行(git svn clone)

移行したいディレクトリ直下で下記コマンドを実行すれば一気に取り込めます。

ブランチが複雑だったりするとダメらしいのですが、自分の場合はそれほど問題なくいけました。

終わった後git branch -a でみてあげればremotes/svn/~などとsvnの追跡ブランチが取り込まれているのがわかると思います。

gitのブランチの作成

これだけではgitで運用できるブランチがつくれていません。追跡ブランチからブランチを作る必要があります。

下記コマンドでブランチを作り、チェックアウトします。(/remotes/svn/hogehogeからhogehogeブランチを作るとします。)

ちなみに不要な追跡ブランチを消すのは下記コマンドです。

これでブランチが作成できたのでgitの運用ができます。

参考リンク

追跡ブランチ (tracking branch) というブランチが何なのか調べた

この状態だとまだユーザー情報を作っていないのでユーザー情報を作成してあげましょう。

この後、git add , git commit ,git pushなども正常に行えます。

移行全般に関するリンクは下記が参考になります。

参考リンク

git-svnでSVN→Gitへの移行をやってみたログ

-Git, サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


  1. […] 追跡ブランチからローカルブランチを作る方法~ (svn→gitの移行など) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

負荷調査のセオリー

以前にも下記リンクで負荷調査について記事を書いたんですが、もう少し掘り下げてみようかと。 サーバーの過負荷の発見 理論編 サーバーの過負荷の発見 メモリ使用率の調査&抽出、置換(awk,sed)コマン …

no image

set,ifディレクティブ,変数に関して

これまで基本的なnginxの設定についてみてきましたが、今回はset,ifディレクティブについてみていきます。 Contents1 変数とset2 error_page3 名前付きlocation 変 …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

Dockerfile作成での気づきなど(php+webサーバー)

実務で、Dockerfileを色々いじっていたんのでそこで得た気づきなどを。 Contents1 基本的な構成の考え2 アプリに関して 基本的な構成の考え 以前はCentOSを入れてその中にphp、M …