skillup

技術ブログ

Database

MySQLのマイグレーション(workbench使用)

投稿日:2015年12月4日 更新日:

以前cakePHPにてマイグレーションの手法を紹介したのですが、当然PHP以外をつかっていたり、PHPでもcakeを使っていなければこの方法は通用しません。

何か、汎用的にデータベースの構造の差分がチェックできるツールはないかなと思い、探していたところ下記ツールがよいとの情報を得て、早速試してみました。

以前紹介したA5M2にあればベストだったんですが、この機能はついていませんでした・・・

MySQL workbench

https://www-jp.mysql.com/products/workbench/

Oracleのアカウントとかをもってないと登録作業なんかがいろいろと面倒くさいです。

また日本語化することもできるようですが、かなり面倒くさそうだったのと(爆)、情報が結構でてくるので、なんとか英語でやることにしました。

ちなみに2015年12月上旬現在、最新は6.3です。

mysqldump

差分のチェックですが、データベースを直接みてもいいですが、自分は怖かったので構造だけをダンプし、そのファイルをベースに差分をチェックしました。

下記コマンドでダンプを行います。

実行したあとにファイルをみているとひたすらcreate文が書かれているのがわかると思います。

MySQL workbentch

ここからツールを使います。

ツールを起動後、File→NewModelを実行すると新しい画面が作られます。

新しい画面に移って、Database→Synchronize With Any Sourceを押すとダイアログが開きますので、Next。

Database To TakeUpdates FromとDatabase To Receive Updatesにそれぞれdumpで作ったテーブルの構造ファイル(~.sql)を入れてあげればOKです。差分SQLを保存するパスもいれてあげましょう。

その後、Nextを入れた後、チェックボックスをいれてあげて、進めてあげると差分チェックをしてくれます。

SQL文も書かれていますが、これはReceive UpdatesをTakeUpdatesにするためのSQL文という意味です。

参考リンク

MySQL Workbenchを使ってスキーマの差分をとってALTER文を生成

-Database
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQLにおけるナンバリング

本日はナンバリングに関して。 MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になって …

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

slow-query-logについて

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると SQLを書き直す インデックスを張りなおす プログラム内部でキャッシュを有効化する 設定ファイルの修正 上記のようなかんじになるのではな …

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …

アーカイブ