skillup

技術ブログ

Database

MySQLのマイグレーション(workbench使用)

投稿日:2015年12月4日 更新日:

以前cakePHPにてマイグレーションの手法を紹介したのですが、当然PHP以外をつかっていたり、PHPでもcakeを使っていなければこの方法は通用しません。

何か、汎用的にデータベースの構造の差分がチェックできるツールはないかなと思い、探していたところ下記ツールがよいとの情報を得て、早速試してみました。

以前紹介したA5M2にあればベストだったんですが、この機能はついていませんでした・・・

MySQL workbench

https://www-jp.mysql.com/products/workbench/

Oracleのアカウントとかをもってないと登録作業なんかがいろいろと面倒くさいです。

また日本語化することもできるようですが、かなり面倒くさそうだったのと(爆)、情報が結構でてくるので、なんとか英語でやることにしました。

ちなみに2015年12月上旬現在、最新は6.3です。

mysqldump

差分のチェックですが、データベースを直接みてもいいですが、自分は怖かったので構造だけをダンプし、そのファイルをベースに差分をチェックしました。

下記コマンドでダンプを行います。

実行したあとにファイルをみているとひたすらcreate文が書かれているのがわかると思います。

MySQL workbentch

ここからツールを使います。

ツールを起動後、File→NewModelを実行すると新しい画面が作られます。

新しい画面に移って、Database→Synchronize With Any Sourceを押すとダイアログが開きますので、Next。

Database To TakeUpdates FromとDatabase To Receive Updatesにそれぞれdumpで作ったテーブルの構造ファイル(~.sql)を入れてあげればOKです。差分SQLを保存するパスもいれてあげましょう。

その後、Nextを入れた後、チェックボックスをいれてあげて、進めてあげると差分チェックをしてくれます。

SQL文も書かれていますが、これはReceive UpdatesをTakeUpdatesにするためのSQL文という意味です。

参考リンク

MySQL Workbenchを使ってスキーマの差分をとってALTER文を生成

-Database
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

MySQLでのリストアについて。 先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやら …

no image

mavenのリモートリポジトリについて

JPAでO/Rマッパーに慣れてからというもの通常のSQLをごりごり書くのが億劫になってきました。 億劫というかいろいろとリスクがありますね。 問題点としてはコンパイルするときにエラーが検知できなかった …

no image

GlassFishでDB接続

JavaEEではアプリケーションサーバーとしてGlassFishを使いますが、先日、GlassFishを通さないとJavaEEでDBが動かせないということを知りました。そのためJavaEEではデータベ …