skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

chefのインストール

投稿日:2015年12月6日 更新日:

以前からずっと課題になっていたchefのインストールについてです。

まだ全然わかっていませんが、なんとかvagrantからのインストールをすることができましたのでメモします。

chefでの環境構築といってもさまざまなパターンがあります。

理想を言えば1台のサーバーがあり、そこからテンプレート的なものを一気にインストールできることでしょう。

ただ、とりあえずは一番最初なのでローカルで仮想環境でサーバーを構築し、その中にchefを入れてインストールを行いたいと思います。

下記が実験した環境です。

vagrant 1.7.4
Chef: 12.5.1
win7

chefのインストール

vagrantのインストールが終わっているものとし、vagrantを起動して、sshでログインをしているとします。

vagrantのインストールについてはこちら

gemからインストールすることもできるようですが、下記のシェルスクリプトが用意されているのでそれをそのまま実行するのが楽でしょう。

次にchefでインストールするための準備を行います。

cookbookの作成

chefは簡単にいうとcookbookのなかのrecipeというインストール手順がかかれた設定ファイルようなものを記述し、ここからインストールを行います。

recipeの記述

実際にインストール手順をファイルに記述していきます。

今回はapacheをインストールするとしましょう。

default.rb

vagrantの設定ファイルの記述

ここまで設定したら実際にインストールを行います。

Vagrantfile

上記のファイルはコメントアウトした部分を除いて記述してみました。

ここまで記述したらwindows側で

を行います。

下記のような画面が出力されます。

SnapCrab_NoName_2015-12-6_22-34-42_No-00

実際にsshでログインをしてみるとapacheがインストールされているのがわかると思います。

参考リンク

https://gist.github.com/STAR-ZERO/5176364

5分でChef Cookbookを作成する

Vagrantを使って手軽にChefを始める

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FastCGIに関して

nginxについて学習してきましたが、今回はphp-fpmについてです。 Contents1 そもそもの構成2 CGIのメカニズム3 FastCGI4 nginxでの設定に関して4.1 fastcgi …

no image

シェルスクリプトでのsshログインとメール送信

久々にシェルスクリプトをやったんでその復習を。 応用範囲は結構広そうです。 Contents1 ファイルの読みこみ方2 関数の定義、使い方3 SSHログイン4 ssh鍵認証つきのログイン5 メール送信 …

no image

vimの基本的な使い方 設定ファイル、基本コマンド他

もう4年ぐらいの付き合いになる憎らしくもかわいいエディタvi(vim)について。 雑誌に特集があったのでこれを機にまとめてみました。シリーズものになるかも・・・ Contents1 Vi(vim)とは …

no image

laravel+vessel

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。 特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使 …

no image

SSH鍵認証について+CakePHP2でのセッション切れ

鍵認証の設定をしたのでその際のメモなどを。 Contents1 SSH鍵認証2 CakePHP2セッション切れ SSH鍵認証 サーバーで公開鍵・秘密鍵を作成 サーバーで公開鍵を登録 クライアント側で秘 …

アーカイブ