skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

vagrantで仮想環境を別PCにコピー

投稿日:2015年12月8日 更新日:

vagrantで自分の作った環境を他人にコピーしたい機会があり、なんとか成功したのでメモします。いや~便利ですね・・・

環境は
vagrant 1.7.4
win8
です。

準備

まずそのまま配布しようとするとMACアドレスの重複が起きて下記のようなエラーが起こります。

errorそそのためにあらかじめvagrant upで移動したいファイルのイメージを起動し、sshでログインして、該当のファイルにNULLでシンボリックリンクを貼っておきましょう。

下記コマンドでOKです。

参考リンク

VagrantでBOX化するときにハマったメモ

Vagrant Box化する際に必ずやっておくとこ

この状態で一度イメージファイルを落とします。(vagrant halt)

boxイメージのエクスポート

ここでいまあるboxイメージの元(OSの状態そのものの塊?みたいなもの)をエクスポートします。

いつもvagrant upを行っているパスで

を実行すればOKです。

そうするとpackage.boxというファイルがあります。(ファイル容量が1Gぐらいあり、この中にOSの状態が入っています。)

このあとこのパッケージにカスタマイズしたbox名をつけたい場合は

と打ちます。

と入力すると、先ほどつけたboxイメージが含まれているのがわかります。

私の場合はこの作業(box名の追加)をせずにもとのboxイメージのbox名をかえて、譲渡しました。

box名を変えたい場合は~/.vagrant.d/boxesの下にboxのディレクトリがあるので、ここでディレクトリ名を変更するのとVagrantfileの  config.vm.box = “”の部分を変えればOKです。

移動&パッケージの追加

あとはこのpackage.boxをそのまま別のパソコンに移動します。

別PCで

と実行していけばOKです。

vagrant initしたあとは設定ファイルが作られますので、こちらのように修正がいります。

これで無事起動でき、以前の環境が復元されていればOKです。

参考リンク

[PC1→PC2] vagrantで独自boxを作って配布する

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


  1. […] vagrantで仮想環境を別PCにコピー […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

メール送信に関して その2 メールメッセージのデータ形式

前回に引き続き、メールのメッセージ構造について書きたいと思います。 Contents1 大まかな構造2 ヘッダ部2.1 メールアドレス2.2 From/Sender/Reply-To2.3 To/Cc …

no image

追跡ブランチからローカルブランチを作る方法~ (svn→gitの移行など)

SVNで運用されていたプロジェクトをgitに移行する機会があったのでその時のメモなどを。 思ってたよりは楽だったかな・・・ Contents1 準備2 実際の移行(git svn clone)3 gi …

no image

ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort

先日、メモリ使用率の調査に関して記事をかいたのですが、今度はそのログの収集や抽出をおこなってみようかと思います。 やりたいこと yyyy/MM/dd-HH:mm:ss  メモリ使用率(少数2桁まで)  …

no image

サーバーの過負荷の発見 メモリ使用率の調査&抽出、置換(awk,sed)コマンドについて

前回、サーバーの負荷調査について記事を書いたので、それに関するスクリプトを。 Contents1 仕様2 ソース3 解説3.1 freeコマンド3.2 awk3.3 sed 仕様 日付とメモリ使用率、 …

no image

ログ抽出コマンド特集 その3 データの収集や抽出にかかわるコマンド群(sort ,tr,cut)

サーバーの負荷を見る場合、unixコマンドでログを抽出できたりすると何かと便利です。 いままでも下記の記事でこれらの出力を行いました。 ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort 私が本 …