skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

yumとrpmについて

投稿日:2015年12月14日 更新日:

centOSのカーネルのバージョンアップで時間があるのでブログを更新。

redhat系ではソフトウェアをインストールするときにyumかrpmのコマンドを使うと思います。

私も日頃、両方使っているのですが、はっきりした区別はしておらず、「とりあえずyum。ダメだったらrpm」みたいな感じでやっておりました。

上記の行動自体はそんなに間違ってないらしいですが・・・

何のためのコマンド?

rpmもyumパッケージ(あるアプリケーションを動かすファイル群)の管理をするシステム

違いは?

簡単に言うと

yum → rpmを内部で呼び出しており、依存関係まで解消してくれる

rpm → 依存関係までは解決してくれない。

yumは内部でrpmを呼び出しているのでrpmの上位互換みたいな認識かと思います。

yumとrpmについて

お便利サーバー.com rpm~rpm形式のパッケージを管理する
初心者の頃に知っておきたかった rpm と yum の違いと使い分け
yumとかrpmについてまとめてみた
【パッケージ】Linuxの「パッケージ」と「yum」と「rpm」について勉強したのでまとめてみた。

ただしyumは/etc/yum.repos.d/にないパッケージはインストールできないので登録されていないものは、rpmで直接パッケージをダウンロードして、ここに追加しないといけません。

頻出yumコマンド

yum:yumを覚えて、様々なソフトウェアのインストールをする準備をする。

yum構成

なおyum内部のリポジトリ構成がどうなっているかは下記コマンドでみれます。

CentOSは普段使うリポジトリは/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoになります。

詳細はこちらのリンクで。
yumリポジトリ設定

他リポジトリの追加

通常のリポジトリに他のリポジトリ(例えばepel)などを追加したいときは下記のコマンドで追加できます。

ちなみにディフォルトのリポジトリではなく他のリポジトリを指定したい場合はオプションで-enablerepoとうてばOKです。

※そうしますと /etc/yum.repos.d/ に追加されます。

他のリポジトリの扱い方についてのリンク(epelなど)

【yum入門】epel, remiなどのレポジトリをyumに追加する方法
CentOS 7.0にEPELリポジトリを追加する方法
CentOS 7.0 – リポジトリ追加!
CentOSにEPELリポジトリを追加する
【初心者でもわかる】yumコマンドの使い方とリポジトリの追加方法

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginxまとめ

10~11月はデータベースをちょっと勉強しておりましたが、12,1ぐらいはサーバーインフラ系の強化月間としようかと思います。 しばらくはnginxについてです。 Contents1 nginxの概要2 …

no image

ログ抽出コマンド特集 その3 データの収集や抽出にかかわるコマンド群(sort ,tr,cut)

サーバーの負荷を見る場合、unixコマンドでログを抽出できたりすると何かと便利です。 いままでも下記の記事でこれらの出力を行いました。 ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort 私が本 …

no image

GitLabのWebhook

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。 例 …

no image

CIツールを使ったオートデプロイに関して

gitlabをあるプロジェクトで使っていますが、自動デプロイについて色々調べなんとかできたのでメモしておきます。 結論から書きますと下記のような手順でいけます。 1.まずデプロイしたいサーバーに鍵認証 …

no image

CentOS7の基本に関して

以前も学習しようとしましたが、CentOSの基礎について。 Contents1 デーモン2 ポートの割り当て3 systemdの役割 デーモン Linux上で動くサービスを提供をするプログラムのこと。 …

アーカイブ