skillup

技術ブログ

PHP

cakePHP3インストール

投稿日:2015年12月28日 更新日:

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。

いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。

原則としてcomposerが入っていないとうごきませんね。

インストール

ルートディレクトリ(例 /var/www/html)の下で

と入力すればOKです。

インストール後,

でライブラリを入れてあげればOKです。

また

のようなエラーが入っている場合、

でintlをインストールしてあげればOKです。

また設定ファイルをコピーしてあげましょう

また

というエラーがでた場合、下記のような対策を取ります。

該当箇所のファイルと行数を見てあげると下記の部分になります。

どうやら国際化?関連の記述のようでintlという拡張機能がインストールされていれば削除してもOKなようです。

正しくはphp.iniでこの設定を有効(extension=php_intl.dll)にすることなんですが(リンク参照)、自分の場合、php7の入れ方がおかしかったので該当箇所がなかったために、上の命令をコメントアウトすることに。

※php5.6では追加したところ有効になりました。

この状態でhttp://domain/[appName]にアクセスするとなんとか、起動ができました。

※cake3の場合、ビルトインサーバーがあるようなのですが、私は通常通りapacheで動かしています。

とりあえず今日はここまでで。

参考リンク

春だし CakePHP 3.0をComposer経由でCentOS6.5にインストール してみた

CakePHP3.0をインストールしてみる(自分用めもめも)

ComposerでCakephp3をインストールしようとしてハマった件

PHP7でCakePHP3を動かしてみる

CakePHP3を泣きながらインストールした記録

intlに関して

初心者でもできる!さっそくCakePHP3.0をインストールしてみよう!

cake3の初期設定

cake3をインストールしてまずしておいたほうが良い設定など。

データベースの設定

config/app.php

まずはdatabaseのhost,username,password,databaseなどを設定してあげればOKです。

あとは時間を日本時間しておきましょう。またログがあったほうがやはり記録を追うのにいいのでlog=>trueにしておきましょう。

ちなみに日本時間がMySQLで設定されていないときは下記リンクの方法で設定してあげましょう。

MySQLのTimeZoneをJSTからUTCに変更する

CaKePHP3 DBタイムゾーン設定

MySQLでタイムゾーンの設定

app/bootstrap.php

こちらも日本時間にしておいたほうがあとあと便利でしょう。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CakePHP3 Unitテスト モデル編

長らくやろうやろうと思っていながら手がつかなかったCakePHP3のユニットテストについて。 以前にも何らかのエントリーで書いたのですが(下記参照)、モデル系はなかなかやらなかったので、これを機に説明 …

no image

apacheで複数インスタンスの起動

前回のphpenvがらみの引き続きですが、php5.6と7を共存させ、なおかつWEBアプリで動かす方法を調べたところapacheの複数インスタンスがであれば可能だとのこと。 早速調べなんとかできました …

no image

phpmdによるコードチェック

現在のプロジェクトですが、コードレビューなどをされる環境にはないため、一人で書いていると自然と規約とずれた書き方になっていることもあります。 規約通りに書こう、書こうと思っていてもなかなかその通りに書 …

no image

Laravelでのアプリ間のログイン連携

実務でLaravelで複数のアプリを作成し、アプリ同士でログイン連携をさせるという機能が実務であったため、メモします。 例えばhttp://example.comという売上管理のアプリでログイン認証を …

no image

cakePHP CSVのインポートとエクスポート

本日もcakeネタです。 CSVインポート&エクスポート CSVのインポートとエクスポートについて。 かなりいろいろなプラグインがあるようですが、一番楽なのはbehaviorを使う手法のようです。 a …