skillup

技術ブログ

PHP

cakePHP3インストール

投稿日:2015年12月28日 更新日:

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。

いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。

原則としてcomposerが入っていないとうごきませんね。

インストール

ルートディレクトリ(例 /var/www/html)の下で

と入力すればOKです。

インストール後,

でライブラリを入れてあげればOKです。

また

のようなエラーが入っている場合、

でintlをインストールしてあげればOKです。

また設定ファイルをコピーしてあげましょう

また

というエラーがでた場合、下記のような対策を取ります。

該当箇所のファイルと行数を見てあげると下記の部分になります。

どうやら国際化?関連の記述のようでintlという拡張機能がインストールされていれば削除してもOKなようです。

正しくはphp.iniでこの設定を有効(extension=php_intl.dll)にすることなんですが(リンク参照)、自分の場合、php7の入れ方がおかしかったので該当箇所がなかったために、上の命令をコメントアウトすることに。

※php5.6では追加したところ有効になりました。

この状態でhttp://domain/[appName]にアクセスするとなんとか、起動ができました。

※cake3の場合、ビルトインサーバーがあるようなのですが、私は通常通りapacheで動かしています。

とりあえず今日はここまでで。

参考リンク

春だし CakePHP 3.0をComposer経由でCentOS6.5にインストール してみた

CakePHP3.0をインストールしてみる(自分用めもめも)

ComposerでCakephp3をインストールしようとしてハマった件

PHP7でCakePHP3を動かしてみる

CakePHP3を泣きながらインストールした記録

intlに関して

初心者でもできる!さっそくCakePHP3.0をインストールしてみよう!

cake3の初期設定

cake3をインストールしてまずしておいたほうが良い設定など。

データベースの設定

config/app.php

まずはdatabaseのhost,username,password,databaseなどを設定してあげればOKです。

あとは時間を日本時間しておきましょう。またログがあったほうがやはり記録を追うのにいいのでlog=>trueにしておきましょう。

ちなみに日本時間がMySQLで設定されていないときは下記リンクの方法で設定してあげましょう。

MySQLのTimeZoneをJSTからUTCに変更する

CaKePHP3 DBタイムゾーン設定

MySQLでタイムゾーンの設定

app/bootstrap.php

こちらも日本時間にしておいたほうがあとあと便利でしょう。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPコマンドに関して

今更ですが、使えると思ったPHPコマンドなど。 Contents1 php -r2 php -l3 php -a4 php -i, php -m php -r PHPをそのまま実行させる。 perlで …

no image

PHPでの空白削除に関して

PHPで空白を削除する方法についてメモします。 trimについて 空白を削除する関数といえばtrimが何といっても一番有名でしょう。

no image

PHP_CodeSnifferによるコードチェック

昨日の記事でphpmdという静的解析ツールを調査したんですが、それ以外にも規約にのっとっているかどうかコーディングをチェックできるツールはあります。 PHP_CodeSniffer https://g …

no image

nginx上でのcakePHP

cakePHP上をCentOS,nginx上で公開するときのメモなどを。 cakeのversionは2.5です。 /var/www/html/sampleapp直下にプログラムを配置するものとします。 …

no image

Angularでのイベント+改行+echoでのバッファサイズ変更

Contents1 Angularのイベント処理2 Angularでの改行ネタ3 echoでのバッファサイズ変換 Angularのイベント処理 Angularを使っていて楽なのはHTMLタグにインベン …

アーカイブ