skillup

技術ブログ

PHP

cakePHP3インストール

投稿日:2015年12月28日 更新日:

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。

いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。

原則としてcomposerが入っていないとうごきませんね。

インストール

ルートディレクトリ(例 /var/www/html)の下で

と入力すればOKです。

インストール後,

でライブラリを入れてあげればOKです。

また

のようなエラーが入っている場合、

でintlをインストールしてあげればOKです。

また設定ファイルをコピーしてあげましょう

また

というエラーがでた場合、下記のような対策を取ります。

該当箇所のファイルと行数を見てあげると下記の部分になります。

どうやら国際化?関連の記述のようでintlという拡張機能がインストールされていれば削除してもOKなようです。

正しくはphp.iniでこの設定を有効(extension=php_intl.dll)にすることなんですが(リンク参照)、自分の場合、php7の入れ方がおかしかったので該当箇所がなかったために、上の命令をコメントアウトすることに。

※php5.6では追加したところ有効になりました。

この状態でhttp://domain/[appName]にアクセスするとなんとか、起動ができました。

※cake3の場合、ビルトインサーバーがあるようなのですが、私は通常通りapacheで動かしています。

とりあえず今日はここまでで。

参考リンク

春だし CakePHP 3.0をComposer経由でCentOS6.5にインストール してみた

CakePHP3.0をインストールしてみる(自分用めもめも)

ComposerでCakephp3をインストールしようとしてハマった件

PHP7でCakePHP3を動かしてみる

CakePHP3を泣きながらインストールした記録

intlに関して

初心者でもできる!さっそくCakePHP3.0をインストールしてみよう!

cake3の初期設定

cake3をインストールしてまずしておいたほうが良い設定など。

データベースの設定

config/app.php

まずはdatabaseのhost,username,password,databaseなどを設定してあげればOKです。

あとは時間を日本時間しておきましょう。またログがあったほうがやはり記録を追うのにいいのでlog=>trueにしておきましょう。

ちなみに日本時間がMySQLで設定されていないときは下記リンクの方法で設定してあげましょう。

MySQLのTimeZoneをJSTからUTCに変更する

CaKePHP3 DBタイムゾーン設定

MySQLでタイムゾーンの設定

app/bootstrap.php

こちらも日本時間にしておいたほうがあとあと便利でしょう。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

拡張子の取得

PHPで配列を取得する場合、下記のメソッドで一気に取得できます。 pathinfo( ファイルパス,PATHINFO_EXTENSION ) いままで正規表現使ったり、explodeでやったりといろん …

no image

php5.6のインストール+cake3でのbake

cake3を動かしたい場合、PHP5.4以上でないと動きません。 2016年1月現在、CentOS6でyumでPHPをインストールする場合、php5.3ですので、5.4以上を入れる場合、別のリポジトリ …

no image

mb_convert_kanaによる半角濁点の処理

PHPネタです。 濁点を処理するときに、カナ本体と濁点が分離していることが多々あります。 一般的には濁点と文字自体を混合させるケースのほうが多いので統一する必要性があるでしょう。 これを1文字にまとめ …

no image

SQSのキュー登録とworkコマンドに関して

SQSでのキューの登録に関して以前やりましたが、再度扱うことがあったので、調査を。 リンク SQSについて Queueの登録と実際の処理に関して Contents1 キューの登録2 キューの監視 キュ …

no image

PHPでのコンソール入力に関して

PHPはほとんどの場合、ブラウザでURLをたたいてWEBサーバーから呼び出されるパターンがほとんどです。 ところが、コンソールから使いたい場合などもあるでしょう。 コンソールから入力する場合、なんらか …