skillup

技術ブログ

Git

Gitで差分を見やすく表示する方法

投稿日:2016年1月4日 更新日:

gitの差分確認ですが、デフォルトのコンソールの画面だと下記のようなわかりにくい表示になります。

nonspliete
差分をチェックしたい場合はやはり左右にわけてしっかり見ることができたほうがいいですね。

この実現の仕方ですが、私の知っている範囲だと下記のような方法があります。

方法その1 Gitクライアント&差分チェックツール

windowsの場合、様々なGitクライアントをインストールして使うことができます。

私のおすすめはGit source treeですね。

インストール

https://ja.atlassian.com/software/sourcetree/overview/

source treeの使い方

SourceTreeから始めるGit

これだけでもかなり使いやすくなっていますが、ホームディレクトリにある.gitconfigに下記の設定を追加することで、(C:\Users\ユーザー名\.gitconfig)有名な差分ツールであるwinmergeを使うことができます。

この後、SourceTreeで、ツール→オプション→Diff→外部Diff / マージ→外部DiffツールでWinMergeを選びます。

sourcetreeで適当に差分が発生しているファイルを選び、「外部Diff」をクリックしてあげれば下記のようにwinmergeでわかりやすく、差分をチェックできます。

SnapCrab_NoName_2016-1-4_21-0-42_No-00

windows版 SourceTreeでWinMergeを使うための.gitconfig設定

GitからWinMergeを起動してソースを比較し編集したい

方法その2 redmine&Github

redmineやGithubといったGitのツールを使うことで左右に開いたわかりやすい差分のチェックができます。

方法その3 Linuxでの差分チェック

vagrantを使っていたり、リモートなんだけどredmineなどで差分がチェックできないときはLinuxで差分をチェックする必要があります。

Linuxの場合、vimdiffというコマンドでファイルの差分をチェックできます。

コマンドを書こうかと思いましたが、下記のブログが非常にわかりやすいので、リスペクトの意味も込めてリンクをはります。

gitのdiff表示をvimdiffで見る

これで以下のようにわかりやすくgitの差分をチェックできます。

split

-Git

執筆者:


  1. ゆき姐さん より:

    smartGitがおすすめですよ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Gitの活用に関して

今回はgitの技術的なことではなく、主に運用に関して。超基礎的なことですが、チームで開発する場合にはルールを徹底してないと混乱をきたします。 Contents1 ブランチを追加機能ごとにきる2 バグに …

no image

gulpに関して

gulpに関しての復習と色々と間違っていたところもあるのでまとめ。 ちなみに以前書いた記事は下記 gulpインストールとタスクの実行 Contents1 インストール2 タスクの実行3 npxコマンド …

no image

GitLabのCI/CD

GitLabをGitHubがわりに使っているプロジェクトがあったのですが色々調べているうちにCI/CD的な使い方ができるといことで調査することに。 jenkinsでやったようなCI/CDができます。お …

no image

gitの作業ディレクトリ・インデックス・HEADに関して

gitを使い始めてしばらくたちますが、まだ明確なイメージがつかめていないです(汗) みようみまねでやっていて、ポイント、ポイントで困ったことは検索してなんとか対応してきましたが、体系的な理解ができてい …

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて その2

以前、gitのfetch/mergeについての記事を書きましたが、理論的なことは書いてあっても実際に処理の流れをかいていなかったので、今回はそのことについてメモリます。 Contents1 競合が起き …