skillup

技術ブログ

Perl

Perlの配列、ハッシュ系の処理 (mapを中心に)

投稿日:2016年1月23日 更新日:

昨日書いたgrepに続き、mapについて調べたことを書いてみました。

mapとは?

grepが「抽出」を行うことに対して、mapは「変換」を行います。

基本的な変換の処理は

変換した配列、ハッシュ = map 条件式 配列

のようになります。

mapを使った配列処理 基本

一番簡単なのは下記のようなプログラムでしょう。

このようにforで展開する処理と基本的には一緒で、より短く表現することができます。

ハッシュを使い、下記のようなコードを書くこともできます。

mapを使った配列、ハッシュ処理 ハッシュを含む多次元配列への応用

例よって実務で一番多い多次元ハッシュタイプの処理での応用例です。

ハッシュの展開

mapの使用例ではないのですが、ハッシュの出力をかいておきます。

eachというのはかなり有名なようですが、知らない方もいるようですね。

知っておくとできることの幅が広がってよいと思います。

参考リンク

ハッシュの配列をdeep copyする

【perl】grep、mapでいろいろやる(配列からkey=>1のhashに変換、リストからユニークな値の取得、2つの配列をマッピングしてhashに変換)

Perlゼミ map関数 – 配列のすべての要素の変換

-Perl
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Perlの文字コードに関して その2

前回のエントリーでPerlで文字列を扱う場合は内部文字列に変換しなくてはいけないことを学びました。 Contents1 内部文字列を使うわけ2 文字コードの変換 内部文字列を使うわけ ところで何のため …

no image

Perlにおけるオブジェクト指向

今回はPerlのオブジェクト指向について。 Javaほどの厳密性はありませんが、Perlでもオブジェクト指向的なプログラミングを行うことは可能です。 今回はPerlのオブジェクト指向をさらっと基本的な …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …

no image

Perlでのデータベース差分チェックツール

Perlにてデータベースの差分が発生したときに簡単に差分を埋めるためのSQLを書くライブラリがあったので紹介。 ライブラリがない場合、cpan SQL::Translator でまずライブラリをCPA …

no image

Vagarant+Eclipse(Perl)での作業環境構築

現在の案件でPerlの改修があるんですが、windowsだとモジュールの依存関係でうまくコンパイルできなかったりといろいろとトラブルが起こったんで、今はやりの仮想環境でやることに。 まだ完ぺきではない …