skillup

技術ブログ

Database

MySQLの大文字、小文字問題について

投稿日:2016年1月29日 更新日:

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。

数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。

つまりaaaというデータを入力していた場合、AAAがユニーク制約に引っかかってしまい、入力できないのです。

回避するためにはカラムにBinary属性を付与させてあげればOKです。

書き方は以下の通りです。

参考リンク

MySQLのunique属性で大文字や小文字が区別されない問題を解決

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日付がらみの処理に関して(MySQL&Java)

MySQL触りだして3年ぐらいたつんですがいまだに整理できないことが多いです。(特に日付がらみ) ちょっとJavaのネタと合わせて整理しておこうかなーと思います。 Contents1 MySQLの日付 …

no image

MySQLのロックに関して+サブクエリ内のupdate

MySQLのロックに関して。 データベースではデータの整合性を保つために読み書きを一時的に制限する仕組みがあります。(データベースだけではないですが・・・) 大きく分けると共有ロック(書き込みは当然だ …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

集合としてのSQL その2

本日も前回に引き続き集合としてのSQLに入っていきます。 Contents1 完全一致のテーブル2 重複行の削除 完全一致のテーブル 下記のようなテーブル(supparts)があり、持っている部品が完 …

アーカイブ