skillup

技術ブログ

Database ドキュメント作成

データベースのテスト環境作成

投稿日:2016年2月25日 更新日:

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。

こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ

1 現状運用されているデータベース(仮にnow_db)のバックアップをmysqldumpでとる

2 新規のテスト環境用データベース(new_db)を作成し、先ほどのmysqldumpで吐いたデータを入れる

3 本番と現状のテスト環境(test_db)のそれぞれ構造だけ取得

4 Workbenchにて差分をとる(使い方はこちら)

5 差分SQLをチェックMyIsam→InnnoDBにし、AutoIncrementを消す、DropやChange、も消したほうが無難。

6 差分ファイルを新環境(new_db)にリストアする

7 サーバーの設定ファイルをコピー、ホスト名だけ変更し、サーバー再起動

8 書き込み系のディレクトリを作成する(tmpやlogなど)

9 chmodで書き込み権限、chownで所有者権限をチャック

2~5は不要なんだろうけど(test_dbをそのままnew_dbにするのがいいはず・・)、気持ち的に見ておかないと不安なので。

-Database, ドキュメント作成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MySQLの大文字、小文字問題について

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。 数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。 つまりa …

no image

ユニークキーの設定

MySQLでのユニークキーの設定に関して。 ユニークキーの設定は下記の通り。

ユニークキーを作成した後に確認するのは下記コマンドで。 …

no image

業務管理アプリの商品コードに関して

一般的な業務管理アプリを作っていると商品や顧客などもオートインクリメントのidではなく、独自の仕様で決められた「商品コード」などを持っていることが一般的です。 昔通販がらみのシステムを使っている時も商 …

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …

no image

laravelでのredis活用

以前下記エントリーでredisの活用について書きました。 インメモリデータベース redis 一般的な使用法ですと登録できるデータはstring,list,hashのような比較的単純な形しか登録できな …

アーカイブ