skillup

技術ブログ

Database ドキュメント作成

データベースのテスト環境作成

投稿日:2016年2月25日 更新日:

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。

こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ

1 現状運用されているデータベース(仮にnow_db)のバックアップをmysqldumpでとる

2 新規のテスト環境用データベース(new_db)を作成し、先ほどのmysqldumpで吐いたデータを入れる

3 本番と現状のテスト環境(test_db)のそれぞれ構造だけ取得

4 Workbenchにて差分をとる(使い方はこちら)

5 差分SQLをチェックMyIsam→InnnoDBにし、AutoIncrementを消す、DropやChange、も消したほうが無難。

6 差分ファイルを新環境(new_db)にリストアする

7 サーバーの設定ファイルをコピー、ホスト名だけ変更し、サーバー再起動

8 書き込み系のディレクトリを作成する(tmpやlogなど)

9 chmodで書き込み権限、chownで所有者権限をチャック

2~5は不要なんだろうけど(test_dbをそのままnew_dbにするのがいいはず・・)、気持ち的に見ておかないと不安なので。

-Database, ドキュメント作成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Firebaseでのミニアプリデプロイ

KVS的なDBを使うかもしれず、firebaseの復習をしております。以前、firebaseのサンプルなどちょこちょこ動かしましたが、firebaseに登録をしただけでデプロイまではしておりませんでし …

no image

DBUtils活用

普段はJavaEEで開発を行っているのでデータベースへのアクセスはJPAを活用しています。 ただ、JavaEE環境だとglassfish経由でデータベースを動かしているので、glassfishを動かさ …

no image

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。 ※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。 例1 ある条件により別の列を使いたいとき、 [crayon …

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

アンチパターン トランザクションスコープ+大量データのリアルタイム集計+接続が詰まる

本日は主にインフラの設計的なことに関して。 Contents1 トランザクションスコープの設定1.1 デメリット1.2 対策2 大量データのリアルタイム集計2.1 デメリット2.2 対策3 詰まると接 …