skillup

技術ブログ

Git

git stash ~一時的な内容の保存~

投稿日:2016年2月26日 更新日:

gitでコミットせずに、作業を保存したいときがあるとおもいます。

例えばあるブランチで作業していて、実は今の作業内容が別のブランチでの反映が必要になったときなどです。

gitはブランチの切り替え(git checkout)を使うと、コミットしていない保存内容は全て消えてしまいます。

そのため、コミットしなければある作業内容を移行することはできません。

そんなときに一時的に作業を保存することができればとても便利ですね。

そんな時に使えるのが git stash です。

作業の保存

保存方法はとても簡単で現状のブランチで作業中にgit stashと打ちます。(この時点で保存され、下記のようなメッセージが出力されます。)

内容の確認

git stash list で保存データの日にちなどを見ることができます。

git show -p で具体的なソースの内容を見ることができます。

stashの内容を現ブランチに吐き出す

この後、ブランチを切り替えましょう。

git stash pop で保存されていた内容が現ブランチに吐き出されます。一時領域に保存されていたstashは消滅します。( git stash apply でもいけます。その場合はstashの内容が一時領域から消滅しないようです。)

-Git
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

githubのremoteリポジトリへの登録

githubにgit pushしようとしたときにエラーがでたんでちょっとメモ。 githubに登録する場合、設定が適切でないと、

など …

no image

Gitのブランチについて

ちょっといろいろと触っているGitに関して。 前回は作業ディレクトリ、インデックス、コミットについて説明したのですが、今回はブランチについて行います。 Contents1 ブランチとは?2 ブランチに …

no image

ファイルを戻したい時のGitコマンド(主にgit resetの用法)

使用ケースでGitコマンドを復習してみようかなと思いました。 主にgit resetの用法整理ですが・・・ Contents1 ローカルを間違ってaddしてしまい、インデックスへの変更を取り除きたい2 …

no image

GitLabのWebhook

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。 例 …

no image

git flowについて

最近、現場で少し使うようになったgit flowに関して。 gitでbranchを切って開発をする場合、 git branch ブランチ名でブランチ作る なんらかの開発 開発が終わったらgit mer …