skillup

技術ブログ

Database PHP

Cakeでのリレーションについて

投稿日:2016年2月29日 更新日:

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。

基本から。

基本的なリレーション

下記のようなテーブル構成になっていたとします。

ある予約管理システムを作っており、必要な情報は「誰がどこにいつとまるか」の情報です。

誰=人をUser、場所をRoom、そして予約データ自体をReserveで管理します。

1対N

UserやRoomから見た場合、reserveは1対Nになります。

Userの1レコードを取得すれば複数の予約レコードが取得できるからです。(Room)に関しても同様。

もしUserのレコードを取得したときに、reserveも一緒に紐づけて取得したい場合は、Userモデルに

public $hasMany = array('Reserve') などと書きます。

N対1

逆にReserveから見るとUserやRoomは逆の関係になるのでN対1です。

Reserveのレコードを取得したときに、UserやRoomも取得したい場合は、Reserveに

public $belongsTo = array('User','Room') と書きます。

動的な紐づけ

Cakeで上記のような設定をしておくと、自動的にレコードを紐づけて取得することができます。しかし常にレコードが紐づいているとスピードが劣化するなどの問題もあり、時には外したくなることもあるでしょう。

そのような場合は、下記のように書くことで一時的にJOINをはずすことができます。もちろんいつもは紐づけていないけれども動的に紐づけを行いたい、などもすることができます。

参考リンク

http://book.cakephp.org/2.0/ja/models/associations-linking-models-together.html

[CakePHP] belongsTo と hasMany の関係図

CakePHP 動的アソシエーション bindModel と、$reset パラメーターの落とし穴

-Database, PHP
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データ構造の基礎知識 後編 木構造

データベースの学習をしていたときの復習です。 データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ 今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。 …

no image

transactionが切れた場合のロックの復旧方法

transactionをスタートしたまま、commitせずにプログラムを途中で止めた場合の処理について。 不用意にプログラムを止めないようにしましょう。 Contents1 ロックのメカニズム1.1 …

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

cakePHPでの多対多について

cakePHPで多対多のリレーションを使う機会があったので、その時のメモなどを。 多対多を説明するときには例によってブログの投稿(Item)とタグ(Tag)の関係が一番わかりやすいですね。 Conte …