skillup

技術ブログ

Git

githubのremoteリポジトリへの登録

投稿日:2016年3月7日 更新日:

githubにgit pushしようとしたときにエラーがでたんでちょっとメモ。

githubに登録する場合、設定が適切でないと、

などで弾かれます。

この時は下記のような部分のチェックをしましょう。

user.name、user.emailは登録してあるか

入れていない場合は

などとして登録してあげましょう。

リモートリポジトリの登録の際にusernameを入れているか

usernameを入れていないと弾かれてしまうことがあるのでリポジトリのドメインの前にusernameを入れてあげましょう。下記のように書いて問題なければパスワードが聞かれますので、入力してあげればそのあとプッシュできるはずです。

githubの場合、アカウント名、ユーザー名を混同しないようにしましょう。set-urlに入れるのはアカウント名で、user.nameに入れるのはユーザー名になります。

参考リンク

gitでpushしようとしたら403された話

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GitLabのCI/CD

GitLabをGitHubがわりに使っているプロジェクトがあったのですが色々調べているうちにCI/CD的な使い方ができるといことで調査することに。 jenkinsでやったようなCI/CDができます。お …

no image

ブランチ構成について

gitのブランチ構成などについて少しまとめてみようと思います。 Contents1 ブランチ一覧1.1 feature1.2 develop1.3 staging1.4 production2 ブラン …

no image

Gitでのbranch 新ブランチの作成&リモート反映&別環境反映

gitを使っているとわけのわからないことは多いのですが(爆)、その中の1つがbranch(ブランチ)でしょう。 これも説明をきいてもわからないのですが、自分でそのケースを学習してみればすぐにわかると思 …

no image

gitの紹介と基本的な使用法について

Contents1 旧来のソース管理方法2 バージョン管理ツール2.1 バージョン管理とは?2.2 有名なバージョン管理ソフト3 Gitの基本的な使用法3.1 初期化(git init)3.2 基本的 …

no image

最新版のgitをソースから&git diffおさらい

Contents1 gitをソースから2 git diff gitをソースから gitはyumから入れてもいいんですが、バージョンが古かったりすると機能がいろいろと制限されるなどのデメリットもあります …

アーカイブ