skillup

技術ブログ

JavaScript

JavaScriptでの時計作成

投稿日:2016年3月23日 更新日:

今回はWebアプリで1秒ごとに更新されるデジタル時計の作成方法について。

基本的には

  1. 現在時刻を秒まで含めて表示
  2. その関数を一秒ごとに更新

でOKです。

ネットにどんぴしゃりのサンプルが落ちていたのでコピペします。現在時刻を表示し、1秒ごとに更新する処理も同時に書いてしまいます。

【JavaScript】デジタル時計を表示する方法。

まあJavaScriptはいろいろとライブラリが不足しており、現在時刻をとるとかもすぐにはできず、通常だと上記のような処理が必要になります。

ところが以前紹介したsugar.jsというライブラリを読み込ませれば日付の表記が非常に簡単になるので以下のような書き方でOKです。

このライブラリかなり使ってましていろんなところで役立ちますので大変おすすめです。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHP(DBアクセス)→HTML→Angularを実行するために

AngularJSでデータベースをつかうときには$httpや$resourceを使うことが多いですが、それ以前にAngularを読み込んでデータベースにアクセスしないことも重要かと思っています。 とい …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

JavaScriptでのコールバック関数について。 たまにでてきますが、これまた慣れないと手間取ります。 コールバック関数に関してまとめると以下のような感じでしょうか。 ある関数(func1)の引数と …

no image

GoogleMapのカスタマイズ

GoogleMapの埋め込みってよくある要件だと思うのですが、先日、GoogleMapに色(企業カラー)をつけたいという要望がありました。 てっきり埋め込み1行で解決すると思いましたが、色々と調べるこ …

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

npmコマンドの整理

npmのコマンドのまとめに関して。 Contents1 npmとは?2 よく使うコマンド2.1 npm init -y2.2 npm install パッケージ名(npm -i パッケージ名)2.2. …