skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

投稿日:2016年3月25日 更新日:

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。

まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。

gitのdiffコマンドのオプション(-wを入れると)で差分を無視することができますがそろえておいた方がよいでしょう。

改行コードを一括で変換する方法を考えておりましたが、以下の処理で一気にいけます。

単純な文字コード(utf8)と改行コード(LF)の変換は下記コマンドです。

※注意!

gitのファイルに対してこのコマンドを使ったところ履歴がおかしくなったりしました。

くれぐれも対象ファイルを全選択しないようにしましょう・・・

nkfが入っていない場合はサーバーにyum install nkfで入れてあげましょう。

まあ普段から改行コードに気を付けないといけないのですが・・・

参考リンク

カレントディレクトリ以下で改行コードがCR+LFのファイルを探す

nkfコマンドでファイルの文字コードと改行コードを変更する

git diff で改行コードを無視

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Amazon SESでのメール送信

前回、AWSでのメール受信についてかいたので今回はメール送信に関して。 送信の場合、下記のような流れになります。 Contents1 基本のセッティング2 サンドボックスの解除3 実際のメール送信3. …

no image

yumとrpmについて

centOSのカーネルのバージョンアップで時間があるのでブログを更新。 redhat系ではソフトウェアをインストールするときにyumかrpmのコマンドを使うと思います。 私も日頃、両方使っているのです …

no image

set,ifディレクティブ,変数に関して

これまで基本的なnginxの設定についてみてきましたが、今回はset,ifディレクティブについてみていきます。 Contents1 変数とset2 error_page3 名前付きlocation 変 …

no image

サーバーの過負荷の発見 メモリ使用率の調査&抽出、置換(awk,sed)コマンドについて

前回、サーバーの負荷調査について記事を書いたので、それに関するスクリプトを。 Contents1 仕様2 ソース3 解説3.1 freeコマンド3.2 awk3.3 sed 仕様 日付とメモリ使用率、 …

no image

メール送信に関して その2 メールメッセージのデータ形式

前回に引き続き、メールのメッセージ構造について書きたいと思います。 Contents1 大まかな構造2 ヘッダ部2.1 メールアドレス2.2 From/Sender/Reply-To2.3 To/Cc …