skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

投稿日:2016年3月25日 更新日:

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。

まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。

gitのdiffコマンドのオプション(-wを入れると)で差分を無視することができますがそろえておいた方がよいでしょう。

改行コードを一括で変換する方法を考えておりましたが、以下の処理で一気にいけます。

単純な文字コード(utf8)と改行コード(LF)の変換は下記コマンドです。

※注意!

gitのファイルに対してこのコマンドを使ったところ履歴がおかしくなったりしました。

くれぐれも対象ファイルを全選択しないようにしましょう・・・

nkfが入っていない場合はサーバーにyum install nkfで入れてあげましょう。

まあ普段から改行コードに気を付けないといけないのですが・・・

参考リンク

カレントディレクトリ以下で改行コードがCR+LFのファイルを探す

nkfコマンドでファイルの文字コードと改行コードを変更する

git diff で改行コードを無視

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IaC(Infrastructure as Code)に関して

近年ではインフラ環境もコード化しておいて、コマンドで起動や構築できることが一般的ですね。 ansibleやdockerなどは色々と使っていましたが、実際のインフラ環境では2020年6月現在AWSを使う …

no image

S3 commandPoolについて

S3のcommandPoolに関して。 S3にファイルをアップロード、ダウンロードするときに、1つ1つファイルをアップロード、ダウンロードすることが一般的かと思いますが、ファイル数が多くなるとなかなか …

no image

サーバーレスやPassについての所感など

firebaseについてここ数日ちょこちょこ触りました。一昔前はwebアプリというと、ほとんどがCentOSにapacheとMySQLを入れて・・・というパターンが大部分でしたが、2020年6月現在、 …

no image

Azure環境へのデプロイ

今までクラウドのインフラ環境というとほとんどがAWSだったのですが、C#+SQLServerの案件に携わっていることもあり、Azureを使うことに・・ 自学で簡単なアプリを作ってデプロイしたんですが、 …

no image

vagrant 複数ホストを起動

ansbileを使おうと思ったんですが、ansibleはホスト1→ホスト2という構成になっているため、2台のホストがないと使えません。 MACであればローカル環境からいけますし、Windowsでもcy …

アーカイブ