skillup

技術ブログ

JavaScript

JavaScriptでのオブジェクト指向 クラス作成&インスタンス生成

投稿日:2016年4月27日 更新日:

JavaScriptというと一般的にはjQueryを使って画面の装飾をするスクリプト言語という認識が一般的かと思います。

しかし、JavaScriptでもPHPなどのようにオブジェクト指向的な思想は実装されていますので、そちらを扱おうと思います。

JavaScriptのオブジェクト指向というとprototypeに関する話題が多いですが、一般的なクラス(に相当するもの)とインスタンス生成のほうが汎用性は広いと思われますので載せておきました。

JavaScript初級者から中級者になろう 第一回 オブジェクト指向とは

↑とてもわかりやすいですね。こういう説明できる人ってなかなかいない・・

難しい概念を教科書的に説明できる人はいっぱいいるけど、簡単な例を挙げて必要性を提示できる人は稀。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptライブラリ sugar

去年、JavaScriptの仕事をがりがりやった時にお世話になったライブラリsugar。 JavaScriptのライブラリというとunderscore.jsが有名ですが、こいつも結構使えるライブラリで …

no image

yarnコマンド

JSやフロント側のライブラリを使うときはnpmを使ってたんですが、2〜3年前ぐらいからyarnというコマンドも使われているので、ちょっと調査を。 Contents1 yarnとは?2 よく使いそうなコ …

no image

bootstrapでのJavaScriptエラーチェック

お問い合わせフォームの入力チェックというのは本来サーバーサイド側でやらなくてはいけないのですが、JavaScriptによってクライアント側でやることも可能です。 入力欄にフォーカスして、遷移したときに …

no image

ケース別JavaScriptライブラリまとめ

Webエンジニアとしてはサーバーサイドのプログラムのみならず、JavaScriptをいじることがおおいでしょう。 私自身、昔はわけがわからず大嫌いだったんですが、最近はデバッグが楽なこともあり、結構愛 …

no image

formのシリアライズ+return falseなど

ajaxでformの値を投稿しようとするとき、一つ一つの要素をjQueryでとっていたのですが、項目が多いとなかなか手間です。 そんな時、下記のメソッドで一気にフォーム要素を取得して投げることができま …

アーカイブ