skillup

技術ブログ

プログラミング全般

フォームの処理について

投稿日:

本日はフォームの処理に関して。主に一覧検索画面のフォームについてです。

フレームワークでフォームの処理をする場合、変数の初期値やバリデーションなどをあらかじめ読み込むオブジェクトを設定しておき、変数が増えても設定箇所のみを増やして、コード自体はそれほど変化しないのが正しいコードです。

その場合、フォームのクラスでは

  • 各変数のプロパティ
  • 長さ
  • エラーチェック
  • 初期値

等をもっておくとよいでしょう。プログラムによっては和名(ラベルに相当するもの)を持っていることもありますね。

また並行してプルダウンの値などはDBや設定ファイルから配列で取り出しましょう。

POSTがあったときはコントローラー側では大まかにわけると下記のような処理になります。

  1. どの処理かをわける(画面にボタンが複数ある場合)
  2. フォームのクラスからSQLを作成し、DBからデータを取り出す
  3. ページャー情報がある場合は開始と終了を決定する

ECCUBEなんかは上記の構造が比較的きれいに書かれており、私は仕事始めの時に結構助けられました。

 

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トークン認証に関して

Contents1 トークンでの認証2 Laravelでのtoken トークンでの認証 APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方 …

no image

テスト環境のデータ作りに関して

単体テスト以降の環境ですとテストのデータを作ることがなかなか大変だと思います。マスタなどはそのままもらうこともあると思いますので、主にトランザクションデータについて。 以前もこのネタに関しては色々書い …

no image

DIについての再考察

DIに関しては今までも何度か触れましたが、最終的には環境の差異を吸収できるなどが一番のポイントかと。 サンプルソース https://github.com/umanari145/effector 上記 …

no image

メモリに関して 静的領域、スタック、ヒープなど

実務でメモリの調査をしましたが、肝心のメモリについてほとんどわかっていないのでメモ。 メモリの領域を大きく分けると静的、スタック、ヒープに別れる。 Contents1 静的2 スタック3 ヒープ4 そ …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …

アーカイブ