skillup

技術ブログ

プログラミング全般

トランザクショントークンについて

投稿日:2016年6月8日 更新日:

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。

ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。

  • 二重投稿(ボタンを二回押してしまう)
  • 完了画面でリロードしてしまう
  • 入力→完了画面に遷移した後で、ブラウザの「戻る」ボタンで入力画面に戻ったのちに送りなおす。

このような処理を防ぐ目的で「トランザクショントークン」という手法が使われます。

以下がトランザクショントークンの大まかな流れです。

  1. まず画面読み込み時に不規則な文字列を生成する(これをトークンといいます。)
  2. トークンをセッションに登録、同時にHTMLにもhiddenで持たせる
  3. ユーザーが投稿したときにはPOSTでトークンが送られる
  4. リクエストがPOSTの時は送られたトークンがセッションの中に入っているトークンと合致するかをチェックする。(合致した場合は正常な遷移)
  5. セッションのなかのトークンを削除し、1に戻る

この方法であれば正常な遷移の場合は、セッションのトークンとPOSTのトークンが合致しますが、不正な画面遷移では合致しないか、セッションのトークンがない、という状態になります。

上記のような実装を行うことで安全なフォームの遷移を実装することができます。

参考リンク

ECCUBEのソース

さいきょうの二重サブミット対策

FORMのリロード対策1

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

ログインしたままにするの挙動に関して(ステートフル認証の基本的な仕組みの復習もかねて)

基礎の基礎ですが、ログイン処理に関しての動きに関して。 Contents1 通常のログイン処理に関して2 ログインしたままにする 通常のログイン処理に関して 通常のログイン処理では、まず以下のような手 …

no image

コードの抽象化

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。 今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。 リーダブルコードでは「無関係の下位問題を …

no image

API仕様書に関する注意事項

API仕様書を作っていて、基本的な点についてのまとめ コードと連動できれば理想(現実的には設定ファイルをJSONかYamlで作るぐらいが限界だと思う) 型のチェック、必須チェック、桁数チェック、日付の …

no image

トークン認証に関して

Contents1 トークンでの認証2 Laravelでのtoken トークンでの認証 APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方 …

アーカイブ