skillup

技術ブログ

プログラミング全般

トランザクショントークンについて

投稿日:2016年6月8日 更新日:

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。

ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。

  • 二重投稿(ボタンを二回押してしまう)
  • 完了画面でリロードしてしまう
  • 入力→完了画面に遷移した後で、ブラウザの「戻る」ボタンで入力画面に戻ったのちに送りなおす。

このような処理を防ぐ目的で「トランザクショントークン」という手法が使われます。

以下がトランザクショントークンの大まかな流れです。

  1. まず画面読み込み時に不規則な文字列を生成する(これをトークンといいます。)
  2. トークンをセッションに登録、同時にHTMLにもhiddenで持たせる
  3. ユーザーが投稿したときにはPOSTでトークンが送られる
  4. リクエストがPOSTの時は送られたトークンがセッションの中に入っているトークンと合致するかをチェックする。(合致した場合は正常な遷移)
  5. セッションのなかのトークンを削除し、1に戻る

この方法であれば正常な遷移の場合は、セッションのトークンとPOSTのトークンが合致しますが、不正な画面遷移では合致しないか、セッションのトークンがない、という状態になります。

上記のような実装を行うことで安全なフォームの遷移を実装することができます。

参考リンク

ECCUBEのソース

さいきょうの二重サブミット対策

FORMのリロード対策1

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アプリケーション間のデータの連携方法に関して

以前やった「現場で役立つシステム設計の原則」を再読してます。 今、読んでいるのはアプリ間のデータ連携に関して。 複数のアプリ間でデータをやり取りする場合、以下のような方法が考えられます。 ファイルを直 …

no image

SytleCopについて

前回、StyleCopについて紹介しましたが、C#の静的解析ツールであるStyleCopのインストールや基本的な使用法に関して。 NugetのインストールでStyleCop,StyleAnalyzer …

no image

ExcelVBAでの他のアプリの起動

2日続けてExcelVBA。 やはり細かく分けてすぐにプロシージャごとにテストできるのはものすごく大きなメリットですね。本日は別のアプリ起動と操作に関して。 自分がやったことはWordとメモを起動して …

no image

Eclipseのシンタックスハイライト

先日PCがクラッシュした時にEclipseを入れなおしたんですが、普段あまり意識せずに使っていたのでhtmlのシンタックスハイライトをだすためだけに2時間ぐらい費やしました・・・自戒の意味も込めてメモ …

no image

オブジェクト指向 ドメインモデル

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にドメインモデルの考え方について。 Contents1 ドメインモデルの考え方1.1 要点1.2 感想 ドメインモデルの考え …