skillup

技術ブログ

プログラミング全般

PCクラッシュ時に備えて

投稿日:

先日、ずっとメインで使っていた会社のノートPCがクラッシュし、再起不能になりました。ファイルなんかはクラウドで管理していたものが多かったので実害はあまりなかったんですが、当然ゼロではありませんでした。

ちょっとこういったことに備えて大事なことをメモしておこうかと。

個人内のPCの中だけに入っている情報は極力避ける

大切な個人情報が入ったものは自分のPCの中だけに入れていることが多いかと思いますが、漏れる心配がない代わりにクラッシュした時に最悪紛失するという可能性もあります。

こういったことも備えて外部に保存しておきましょう。重要な個人情報が入っていないものはクラウドサービスなどなるべくPCの外に置いておいたほうがよいでしょう。

これらのクラウドサービスがクラッシュする可能性もゼロではないですが、少なくとも個人のPCが壊れる確率よりははるかに少ないでしょう。

プログラムだったらバージョン管理しておきましょう。

定期的にバックアップを取る日をルーチンで決める

バックアップをとりましょう、という心構えだけでは実行しない確率が高いので、ルーチンで取る日を決めましょう。手順もすべて自動化して書いておくとよいでしょう。

必要ソフトや環境構築はメモしておく

必要なソフトや環境などはなるべく日ごろからメモしておきましょう。

特に環境構築の手順などはかなり細かくメモしておかないと使っていたものと違う、ということが頻繁に起こりえます。設定ファイルなどある場合には外においておき、一発で読み込めるようにするのが良いです。

おまけ

先輩いわく、プロジェクトの終盤やリリース直前ほどPCクラッシュが起きやすいようです。そういや今回もリリース直前でしたし、以前の現場でもありましたねえ・・・マーフィーの法則でしょうか(汗)

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

制御フローについて

リーダブルコード 7章。制御フロー(if文などの条件分岐)について ここらへんは個人個人癖がついているとおもいますが、確かに読みやすい、読みにくいというのはあるのでなるべく汎用性のある規則を身につけた …

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

no image

エラーレポーティングサービス Sentryについて

リリースした後、運用段階に入ると定期的にバグ報告が上がってきます。 本来はリリース前に研修テストをすべきなんですが、そんな余裕ないことも多い(汗) で、そんな時に大事なのが エラーを気づけること 対処 …

no image

コードの見た目について

リーダブルコード4章。コードの見た目について。 自分は結構注意されますね。多いパターンとしては空白の位置などがいい加減だったり、今はありませんが、以前はコードの末尾にスペースを空けてセミコロンをうつ変 …

アーカイブ