skillup

技術ブログ

プログラミング全般

読みやすいコードについて

投稿日:2016年6月28日 更新日:

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。

ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。

優れたコードの定義

まずは優れたコードの定義から。

リーダブルコードでは「読みやすい、理解しやすいコード」って書いてあります。

目的としては当然、保守しやすくするためで「他人が読んでもわかる状態」にすることが大切。ちなみにこの場合の「他人」で最もあり得るのは将来の自分でしょう・・・

少し時間がたつとコードって基本わけがわからなくなるので・・・これには完全に同意。

読みやすいにもいろいろあるかとは思いますが、下記のようなことが大事。

短いコード

自分の場合、一番注意しているのはこれですね。基本的にプログラムは長ければ長いほど理解しにくくなります。なるべく処理ごとに分割して短いコードを目指しましょう。目安としては20~30行以内になるようにしています。

50行を超えるような場合、特別な理由がなければ別メソッドに切り出したほうがよいでしょう。長くしていいのはコントローラー的なメソッドか並列的な処理(switch)が続いた場合のみにしてます。

処理が複雑でない

短くても無理やり1行にしていたりとか、かえってわかりにくくなっているコードは少なくありません。

短くするのは理解しやすくするための手段なので長く書いたほうが理解やすい場合は当然長く書いたほうがよいです。

次回以降もっと具体的に書いていきます。

ちなみにコードに関して参考になった記事を下記に。

プログラミング中級者に読んでほしい良いコードを書くための20箇条

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

抽象性と可読性のトレードオフに関して

私自身プログラムを書く場合、とにかくコードを書く量を制限したいという思いが強く、多少でも共通化できる箇所がある場合はなるべく共通化するようにしておりましたが、時と場合によっては過剰に共通化したことによ …

no image

サロゲートキーと主キーに関して

今までも何度か触れたサロゲートキーと主キーに関して。 今までの参考リンク 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー サロゲートキーに関して 主にシステム設計的な考察が多かったので、今回はユースケースか …

no image

バッチスクリプトで気をつけたい点

実務でバッチ処理を作る際に気をつけるべきと思ったこと。 基本的にエラーをいかに捉えていかにログに吐くかを最初に考える。まずはエラーありき。失敗するもの、想定した値がこない、あるいは値がないを前提として …

no image

ユーザーに見せるエラーメッセージに関する考察

プログラムで難しいことの3つは テスト ログ エラーハンドリング とかいてきましたが、ユーザー側に見せるエラーメッセージについて考察して見ました。 Contents1 ログとエラーメッセージの違い2 …

no image

正規表現その2

10/28に書いた正規表現に関しての追記です。 Contents1 覚えておきたいメタ文字2 留意点 覚えておきたいメタ文字 よく出るメタ文字の復習です。 メタ文字 メタ文字の説明 [] いずれかの1 …

アーカイブ