skillup

技術ブログ

プログラミング全般

読みやすいコードについて

投稿日:2016年6月28日 更新日:

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。

ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。

優れたコードの定義

まずは優れたコードの定義から。

リーダブルコードでは「読みやすい、理解しやすいコード」って書いてあります。

目的としては当然、保守しやすくするためで「他人が読んでもわかる状態」にすることが大切。ちなみにこの場合の「他人」で最もあり得るのは将来の自分でしょう・・・

少し時間がたつとコードって基本わけがわからなくなるので・・・これには完全に同意。

読みやすいにもいろいろあるかとは思いますが、下記のようなことが大事。

短いコード

自分の場合、一番注意しているのはこれですね。基本的にプログラムは長ければ長いほど理解しにくくなります。なるべく処理ごとに分割して短いコードを目指しましょう。目安としては20~30行以内になるようにしています。

50行を超えるような場合、特別な理由がなければ別メソッドに切り出したほうがよいでしょう。長くしていいのはコントローラー的なメソッドか並列的な処理(switch)が続いた場合のみにしてます。

処理が複雑でない

短くても無理やり1行にしていたりとか、かえってわかりにくくなっているコードは少なくありません。

短くするのは理解しやすくするための手段なので長く書いたほうが理解やすい場合は当然長く書いたほうがよいです。

次回以降もっと具体的に書いていきます。

ちなみにコードに関して参考になった記事を下記に。

プログラミング中級者に読んでほしい良いコードを書くための20箇条

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アプリケーション間のデータの連携方法に関して

以前やった「現場で役立つシステム設計の原則」を再読してます。 今、読んでいるのはアプリ間のデータ連携に関して。 複数のアプリ間でデータをやり取りする場合、以下のような方法が考えられます。 ファイルを直 …

no image

トランザクション、ロールバックに関する考察

今までトランザクションの単位は基本的に処理の開始から終了までを範囲にすることが多かったのですが(ループがある場合はループ全体ではなく、1ループをトランザクションとみなします)、複数の処理が絡む場合、不 …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …

no image

Eclipseのシンタックスハイライト

先日PCがクラッシュした時にEclipseを入れなおしたんですが、普段あまり意識せずに使っていたのでhtmlのシンタックスハイライトをだすためだけに2時間ぐらい費やしました・・・自戒の意味も込めてメモ …

no image

プログラミングを習得するときに必要な2つの大事なこと

元々私は塾で仕事をしていましたが、いろいろ紆余曲折ありましていまではWEBエンジニアとして仕事をしております。 エンジニアとしてのキャリアは3年ぐらいなので正直あまりないのですが、開発者と平行してプロ …