skillup

技術ブログ

プログラミング全般

命名規則について その2

投稿日:

リーダブルコードネタ第3段。

前回のエントリーに引き続き、名称の大切さについて

あいまいな名前はNG!

これは実務でもしょっちゅう悩まされてます・・・

リーダブルコードの例としてはfilter~とかだと何をフィルタリングするかわからないから・・というように書かれてました。ここでも具体的な名称の大切さが問われます。

いかにリーダブルコードがすすめる一般的なルールなぞを。

限界値はmaxかminを使う

範囲を指定するときはfirstとlast

a=fisrt , b= lastだったとすると取りうるxの範囲は a<= x <= b

排他的な範囲はbegin,end

a=begin,b=endだとすると取りうるxの範囲はa<=x < b。日時などでよく使われる

bool型では変数名にis,has,shoud,canを付けるとわかりやすい

一般的には否定より肯定のほうが意味がとりやすい

if文でもtrueのほうがfalseよりもわかりやすいですね。否定の否定みたいな書き方だと一瞬どっちだ?となりますので、頭を無駄に使うようなメソッドはやめておいたほうがいいでしょう。

一般的な命名ルールを逸脱するような名称は使わない

getはただのアクセサなのでこれで値を計算したりすることはしないほうがいいでしょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サロゲートキーと主キーに関して

今までも何度か触れたサロゲートキーと主キーに関して。 今までの参考リンク 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー サロゲートキーに関して 主にシステム設計的な考察が多かったので、今回はユースケースか …

no image

テストコードを読みやすくする

リーダブルコードも最終章に近づいてきましたね。 今回はテストコードについて。 以前のプロジェクトではテストコードを書いていたのですが、今携わっているプロジェクトでは書いてないです・・・ テストを書く目 …

no image

ログのまとめに関して

何回か書いたログの設計方針に関して再度復習。 ログ設計指針について ログで大事なことを再度復習 DEBUG(SQLやパラメータ情報など詳細な情報までだす)、INFO(メソッドの詳細情報、開始と終了)、 …

no image

テストのダミーデータ作成

データベースに大量のデータを作りたいときにいつもあああやhoge,aaaですとデータという感じがしないですし、抽出や集計ができません。 なるべく自然に近いデータが欲しいのですが、簡単に作れる方法があり …

no image

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。 Contents1 基本2 メモ3 参考リンク 基本 基本的な変数の代入や条件分岐、ループな …