skillup

技術ブログ

プログラミング全般

命名規則について その2

投稿日:

リーダブルコードネタ第3段。

前回のエントリーに引き続き、名称の大切さについて

あいまいな名前はNG!

これは実務でもしょっちゅう悩まされてます・・・

リーダブルコードの例としてはfilter~とかだと何をフィルタリングするかわからないから・・というように書かれてました。ここでも具体的な名称の大切さが問われます。

いかにリーダブルコードがすすめる一般的なルールなぞを。

限界値はmaxかminを使う

範囲を指定するときはfirstとlast

a=fisrt , b= lastだったとすると取りうるxの範囲は a<= x <= b

排他的な範囲はbegin,end

a=begin,b=endだとすると取りうるxの範囲はa<=x < b。日時などでよく使われる

bool型では変数名にis,has,shoud,canを付けるとわかりやすい

一般的には否定より肯定のほうが意味がとりやすい

if文でもtrueのほうがfalseよりもわかりやすいですね。否定の否定みたいな書き方だと一瞬どっちだ?となりますので、頭を無駄に使うようなメソッドはやめておいたほうがいいでしょう。

一般的な命名ルールを逸脱するような名称は使わない

getはただのアクセサなのでこれで値を計算したりすることはしないほうがいいでしょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

オブジェクト指向設計 柔軟なインターフェイス

オブジェクト指向シリーズ。今回はインターフェイスについて。 インターフェイスといっても、implementsを使った実装だけではなく、要はあるクラスが外部の窓口となるときに使うメソッドってことだと思う …

no image

コードの抽象化

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。 今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。 リーダブルコードでは「無関係の下位問題を …

no image

テストプロセスに関して

日々是テスト。 プログラマになってから数年がたちますが難点はずっと同じでテストですね(汗) 以前にかいたエントリーなどは下記参照。 参考 データベースによるテストデータ作成 Excelによるテストデー …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …