skillup

技術ブログ

プログラミング全般

コードの見た目について

投稿日:2016年6月30日 更新日:

リーダブルコード4章。コードの見た目について。

自分は結構注意されますね。多いパターンとしては空白の位置などがいい加減だったり、今はありませんが、以前はコードの末尾にスペースを空けてセミコロンをうつ変な癖がありました。

以下のような点が注意ポイントかと思います。

  • 改行の位置を一貫する
  • 複数の類似データの受け渡し時には=の位置をそろえる
  • SQLを理由がない限りは、縦に情報ごとにインデントしてそろえる
  • 縦にそろえる
  • 類似のメソッドなどは位置を揃える
  • コードはグループごとに切り分け、1グループを長くしない
  • 自分ルールがある場合は必ず一貫性を持たせる

ポイントとしては見た目で頭に負担を与えないこと。

塾で生徒に数学を教えていた時に、ノートの取り方や図の書き方はかなりしつこく指導しました。

それにより情報が見えやすくなり、ミスを発見しやすくなったり、発想が生まれやすくなるからなんですね。一般的に同系統の情報は左→右よりも上→下のほうが処理がおいやすいため方程式などは原則縦にそろえます。それと近い考え方でしょうか。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

DIが役に立つ場面はやはりテスト

システム開発において、密結合とか疎結合なんて言葉が使われたりします。 密結合・・システム間の構成要素の関連性が高く、結びつきが密なこと 疎結合・・システム間の構成要素の関連性が弱く、結びつきが疎なこと …

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

アプリケーションアーキテクチャについて 〜ドメインモデルに関して〜

前回のトランザクションスクリプトパターンの反省から 今回はいわゆるドメインモデルの具体例に関して。 ドメイン駆動型設計には以下のような特徴があります。 大きく、アプリケーションの構成を以下のように分け …

no image

コーディングルール 前半まとめ

リーダブルコードを3分の2ぐらいよんだので現時点でのまとめを。 Contents1 いいコードの定義2 具体的な手法2.1 変数の名称2.2 コード自体の見た目2.3 コメント2.4 制御フロー2.5 …