skillup

技術ブログ

プログラミング全般

コードの抽象化

投稿日:2016年7月8日 更新日:

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。

今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。

リーダブルコードでは「無関係の下位問題を積極的に見つけて抽出する」とありますが、要は抽象度をあげることと私は解釈しています。

「無関係の」とは「依存度をさげる(疎結合)」ということでしょうか。

コードの抽象化

プログラムというのは処理が複雑にからみあっていればからみあっているほど理解が難しくなりますし、それにともないバグの確率も高くなります。またテストなどもできません。

理想的なコードとは1つ1つの処理が独立した部品のようになっていて、互いに依存することなく切り離せるような関係になっていなければいけません。

そのために下記のような工夫が大切になってきます。

ユーティリティーコード

文字列の処理や配列の処理、ファイルの読み書きなどはどんなプログラムでも使います。このような処理を個別のプログラムに1つ1つ書いていると同じ事を何度も書くことになります。このような処理は「ユーティリティークラス」として独立したクラスにしておくのが良いでしょう。

PHPなどでは言語自体にこういったライブラリが組み込まれており、特に配列がらみの処理などは充実しています。

プログラム自体の抽象化

ユーティリティーは完全に独立した処理ですが、完全には独立していなくてもプロジェクト内部で共通した処理を汎用化するだけでもかなり意味があります。簡単に言えば、パッケージ全体で使用する関数はより上部のクラスに共通のメソッドをして持たせるほうが良いでしょう。

インターフェイスを簡潔にする

インターフェイスが汚い場合(引数が多い、処理が複雑)は引数をととのえたり、事前のメソッドをつくなりして、わかりやすい形にしましょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プロジェクトマネジメントについて

ある程度、大規模なプロジェクトを経験させていただき、経験だけでなくプロジェクトマネジメントを体系的に理解しておきたいため、ポツポツと本を読んでます。 比較的初心者でも読みやすいと思った本としてを2冊メ …

no image

オブジェクト指向設計 依存関係の管理

オブジェクト指向シリーズ。読みにくい本が多い中でオブジェクト指向設計実践ガイドは勉強になるなー。 Contents1 依存関係の管理1.1 メモ1.2 実際のコーディング上のコツ1.3 感想 依存関係 …

no image

例外・エラーに関する考察

えー今現在、設計の仕事をしていますが、今までいい加減だったエラーの処理を見直すいいきっかけになってます。 半年前にも同じような記事書いてますねー。苦手意識は変わらないようです・・(汗) 例外処理に関し …

no image

オブジェクト指向 クラスの設計と業務ロジックの整理

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にクラスの作り方について。 Contents1 クラス設計と業務ロジック1.1 要点1.2 感想 クラス設計と業務ロジック …

no image

CIことはじめ

業務でJavaのテキスト変換ツールを作成。 プログラムよりもCIツールを使って他人の環境下で正常に稼動させるためにどうするかの調査に時間かかりましたね。 今回やりたかったことは下記の通りです。いわゆる …