skillup

技術ブログ

プログラミング全般

コードの抽象化

投稿日:2016年7月8日 更新日:

リーダブルコードも終盤に少しずつ近づいてきました。

今まではどちらかというとコードの点や線の技術に注目してきましたが、これからは面的な要素に注目していきます。

リーダブルコードでは「無関係の下位問題を積極的に見つけて抽出する」とありますが、要は抽象度をあげることと私は解釈しています。

「無関係の」とは「依存度をさげる(疎結合)」ということでしょうか。

コードの抽象化

プログラムというのは処理が複雑にからみあっていればからみあっているほど理解が難しくなりますし、それにともないバグの確率も高くなります。またテストなどもできません。

理想的なコードとは1つ1つの処理が独立した部品のようになっていて、互いに依存することなく切り離せるような関係になっていなければいけません。

そのために下記のような工夫が大切になってきます。

ユーティリティーコード

文字列の処理や配列の処理、ファイルの読み書きなどはどんなプログラムでも使います。このような処理を個別のプログラムに1つ1つ書いていると同じ事を何度も書くことになります。このような処理は「ユーティリティークラス」として独立したクラスにしておくのが良いでしょう。

PHPなどでは言語自体にこういったライブラリが組み込まれており、特に配列がらみの処理などは充実しています。

プログラム自体の抽象化

ユーティリティーは完全に独立した処理ですが、完全には独立していなくてもプロジェクト内部で共通した処理を汎用化するだけでもかなり意味があります。簡単に言えば、パッケージ全体で使用する関数はより上部のクラスに共通のメソッドをして持たせるほうが良いでしょう。

インターフェイスを簡潔にする

インターフェイスが汚い場合(引数が多い、処理が複雑)は引数をととのえたり、事前のメソッドをつくなりして、わかりやすい形にしましょう。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トランザクション、ロールバックに関する考察

今までトランザクションの単位は基本的に処理の開始から終了までを範囲にすることが多かったのですが(ループがある場合はループ全体ではなく、1ループをトランザクションとみなします)、複数の処理が絡む場合、不 …

no image

abstract,interface,traitなどについて

昔はようわからなかったabstract(継承全般)、interface、traitの使い分けなどについて。 今の現場でいろいろと考えることがあり、自分なりにいろんな方の知見を共有できたので、メモしてお …

no image

ダミーデータの作り方 まとめ

現在作っているアプリを顧客先で見せる機会があり、そのためダミーデータを入れる、という仕事がありました。 といっても画面からポチポチやったんでは時間もかかりますし、何より精神的にやられてしまいます。(汗 …

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

no image

設定ファイルの置き場所

一般的にレベルの高いソースとは保守性が高いものを指します。特にWEB系ですと仕様変更がしょっちゅうなので変更があったときにいかに少ない工数で対応できるかが大切です。 保守性をあげる工夫はいろいろありま …

アーカイブ