skillup

技術ブログ

プログラミング全般

1度に1つのことを

投稿日:

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。

要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。

そのための手法として下記のようなことを上げています。

  • コードが行っているタスクをすべて列挙する。
  • タスクをできるだけ異なる関数に分割する
  • タスクは常に小さくする
  • 1つの段落に複数の処理を詰め込まない

下記の例を示したほうがわかりやすいかも。

仕様:ユーザーの所在地をわかりやすい文字列に変換する(例,Chiba、Japan)

  • location_infoの情報から都市と国を選ぶ
  • local_area →city →prefectureの順にする
  • 上3つすべてが使えないときは、Middle -of -Nowhereを使う

言語 JavaScript

ダメなコード

リーダブルコードのデフラグ状態

良いコード

値の取得→優先度を考えた更新→結合とすべて1つずつのタスクが実行されている。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …

no image

命名規則について

リーダブルコードシリーズ第2段、名称について。 コードにおいては名称がとても大切で、正しい命名づけなどはなかなか難しいです。 以下に大事で重要だと思ったポイントを。 Contents1 具体的でわかり …

no image

APIのエラーコードに関して

APIのよく使われるHTTPステータスコードに関して。 基礎の基礎で当たり前に使ってましたが、基本的なことに関してまとめ。 主に4XXエラーのタイプ分けに関して。 Contents1 2002 201 …

no image

画面の制御フローなど

複雑な帳票系アプリではよくあると思うのですが、ある入力値が複数の場所から影響を受けており、制御がなかなか難しいときなどがあります。 例として クリアボタンなどでクリアされる 他のプルダウンなどで影響を …

no image

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

WEB+DB(vol91)で使えそうな連載記事がありますのでブログにメモリます。 テーマはデータ構造です。 Contents1 データ構造とは?2 計算量3 プログラムとメモリ4 配列について4.1 …

アーカイブ