skillup

技術ブログ

プログラミング全般

1度に1つのことを

投稿日:

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。

要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。

そのための手法として下記のようなことを上げています。

  • コードが行っているタスクをすべて列挙する。
  • タスクをできるだけ異なる関数に分割する
  • タスクは常に小さくする
  • 1つの段落に複数の処理を詰め込まない

下記の例を示したほうがわかりやすいかも。

仕様:ユーザーの所在地をわかりやすい文字列に変換する(例,Chiba、Japan)

  • location_infoの情報から都市と国を選ぶ
  • local_area →city →prefectureの順にする
  • 上3つすべてが使えないときは、Middle -of -Nowhereを使う

言語 JavaScript

ダメなコード

リーダブルコードのデフラグ状態

良いコード

値の取得→優先度を考えた更新→結合とすべて1つずつのタスクが実行されている。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トランザクショントークンについて

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。 ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。 …

no image

リーダブルコードまとめ

リーダブルコードほぼ読み切ったのでまとめを。チェックリスト化して、常にこれを見ながらコードは書いたほうがよさげ 前半のまとめや参考リンクでみたものとマージします。 Contents1 変数の名称2 コ …

no image

DIが役に立つ場面はやはりテスト

システム開発において、密結合とか疎結合なんて言葉が使われたりします。 密結合・・システム間の構成要素の関連性が高く、結びつきが密なこと 疎結合・・システム間の構成要素の関連性が弱く、結びつきが疎なこと …

no image

テーブル設計に関するメリデメ

昨日も書いたん記事なんですが、基本的に実装にしても設計にしてもこれが最強っていう手法はなくて(あったとしたら全員がそれを使うのでそもそも選択肢という概念がなくなる・・)メリットデメリットをしっかりと考 …

no image

オブジェクト指向 値オブジェクトの活用と場合分けに関して

オブジェクト指向 その1 オブジェクト指向 その2 オブジェクト指向 その3 でオブジェクト指向に触れたんですが、基本から勉強しなおす必要があると思い、まとめ&追記 参考文献 現場で役に立つシステム設 …

アーカイブ