skillup

技術ブログ

プログラミング全般

短いコードを書く

投稿日:2016年7月10日 更新日:

私が普段コードを書くときに考えていることは常にいかに短くかけるか、ということといかにバグを生み出さないかということです。

基本的にはできるだけ、短くシンプルに書くようにしています。

そうすることであとで読んだ人間にとってわかりやすく、バグも少なくなります。

といってもプログラムって基本バグがあるものなんですけどね・・・そのために大切なのはできるだけコードを書かない工夫をすることです。

人間が書く以上、かけばかくほどバグの可能性は高くなります。そのためにはまずコードをできるだけかかない、という心構えが大切になってきます。

そのための工夫として下記のようなことが大切になります。

ライブラリを使う

配列の処理などいわゆるユーティリティー系の処理に属するものはなるべく用意されているものを使いましょう。JavaならApache commonsやPerlだったらCPANのライブラリを使うなど自分で作るよりはすでに実績あるものを使うほうが安全です。

再利用可能なコードは別にまとめる

何回も繰り返していますが、重複した処理をいろいろなところにかかないことが大切です。なるべく1か所でまとめるようにしましょう。

MySQL,Unixコマンドなど他のことでできないかを考える

例えば値のグルーピングならプログラムよりもデータベースが、テキストの処理ならUnixコマンドのほうが楽かもしれません。できるだけ得な仕事は得意なものにまかせましょう。

ちなみに下記リンクはこのような考え方をもっと広範囲にわたっていろいろと書いており、参考になります。一度リンクを貼りましたが、リスペクトの意味もこめてもう一度はります。

プログラミング中級者に読んでほしい良いコードを書くための20箇条

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コードの見た目について

リーダブルコード4章。コードの見た目について。 自分は結構注意されますね。多いパターンとしては空白の位置などがいい加減だったり、今はありませんが、以前はコードの末尾にスペースを空けてセミコロンをうつ変 …

no image

トークン認証に関して

Contents1 トークンでの認証2 Laravelでのtoken トークンでの認証 APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方 …

no image

テスト環境のデータ作りに関して

単体テスト以降の環境ですとテストのデータを作ることがなかなか大変だと思います。マスタなどはそのままもらうこともあると思いますので、主にトランザクションデータについて。 以前もこのネタに関しては色々書い …

no image

テストコードを読みやすくする

リーダブルコードも最終章に近づいてきましたね。 今回はテストコードについて。 以前のプロジェクトではテストコードを書いていたのですが、今携わっているプロジェクトでは書いてないです・・・ テストを書く目 …

no image

APIに関して

RESTAPIのルーティングで気をつけることなんぞを。 直近のプロジェクトではRESTAPIを作ることが多かったんですが気をつけることなんぞを。 Contents1 仕様書はソースから2 ツール3 命 …