skillup

技術ブログ

デザイン

CSSのブロックとインライン、レイアウトについて

投稿日:2016年7月16日 更新日:

今回はCSSを組む時のブロックレベルとインラインの基本とレイアウトに関して。

ブロックレベルとインライン

ブロックレベル要素

その名のとおり、HTML上でブロックを構成する要素。div,p,table,ul,li,h1~h6,formなど。

  • ブロックレベルは縦につまれる → つないで書いた場合、改行される。
  • 幅が定義される→ width,height,margin,padding,borderなどがプロパティとして存在している
  • ブロックレベルはブロックレベルとインラインを包有できる
  • display:inlineでインライン要素にできる
  • 子要素の幅を指定していない場合、包有要素がその幅を決める(親でないときもあり。例:position)

インライン要素

ブロック要素の一部であり、段落の一部の要素に対して使われる。a,span,img,strong,fomの要素全般,

  • 幅という概念がないので、基本的に横に並ぶ
  • width,heightがない。margin,paddingは左右のみ。上下は見た目にはわからない・・・

レイアウトに関して

float

レイアウトを組む時に結構悩みの種ですね。

以下にまとめを。リンクでいろいろと解説してくれているのでありがたいっす。

  • floatは単に左右によるのではなく、浮くことになるので子要素がすべてfloatした場合、親要素からみると存在しない状態になってしまう。
  • 上記の性質のため、親>子がすべてfloatした場合(ulとliなど)は、親の高さや幅が0になる。そのため親要素にclass=”clearfix”を入れるか、overflow:hiddenを与える方法が一般的ですが、overflow:hiddenは禁じ手と考えている方もいるようです。
  • 上記の性質のため、後続要素を配置する場合(footerなど)にはclear:bothなどでfloatの下への回り込みを解除する必要がでてくる。
  • floatさせる要素は原則widthを指定する

参考リンク

position

通常のレイアウトからずれたものや重なった配置などをレイアウトできる。

ある基準点を対象にそこからどれくらいの位置にあるか、という記述になる

参考リンク

CSSの基本 レイアウトのおさらい
【CSS】意外と難しい「position」の使い方を詳しく解説してみた

-デザイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

実務でCSSを書く時のポイントについて

先月にかなりたくさんCSSを書いたんでその時感じたポイントみたいなものを。 Contents1 いきなりかかずにまず共通部分をみつける2 見た目の調整には紙に印刷して横においておく3 色や幅、フォント …

no image

WordPressのカリキュラムを考える

WordPressを触っていますが、ちょっと体系的に覚える必要がありそう。 結構長い間、触ってきましたが、体系立てて覚えていないのでいざこの処理は?ときかれると案外迷います。 例えば0から初心者に教え …

no image

CSSネタに関して

何回か書いてきたCSSのまとめネタ的なもの。 紙で印刷しておくと生産性が3倍ぐらいになる。思った以上にコーディングがしやすい。 良く使うユーティリティ系の操作をまとめる。ベンダープレフィックス以外にも …

no image

HTML5について

CSSのサンプルを書いていく途中で、HTML5タグが出来てたので簡単におさらいです。 Contents1 HTML5のメリット1.1 form周りのhtml1.2 文章構造の明確化1.2.1 navに …

no image

CSSのレイアウト例 その3 固定+リキッドレイアウト

本日は固定レイアウト+リキッドレイアウトについて。 リキッドレイアウトとはブラウザの幅に合わせて表示を変える方法でして、スマホが一般的となった現在では非常によく使われています。 今回解説するのは例えば …