skillup

技術ブログ

Database

正規化について&EXTRACT

投稿日:2016年7月21日 更新日:

正規化とは?

正確な定義は難しいですが、8割ぐらいあっている定義としては「適切なテーブルに分割すること」です。※ただし正確ではないようです。

第一正規化

第一正規形の定義はスカラ値の原則 1つのセルには1つの値のみ。※この性質のことを関数従属性という(1対1対応のこと)。

これが守られていないのが、下記のようなテーブル

社員ID 社員名
001 山田 太郎
次郎
002 鈴木 太郎
次郎
三郎

これを第一正規化した場合、下記のようになる。

正規化パターン1

社員ID 社員名 子1 子2 子3
001 山田 太郎 次郎
002 鈴木 太郎 次郎 三郎

正規化パターン2 推奨

社員ID 社員名
001 山田 太郎
001 山田 次郎

※データを一部省略

SQLネタ EXTRACT

日付の処理に関して以前このエントリーで書きましたが、DATE_FORMATなどとやらなくてもEXTRACTという関数を使えば年や月といった値を取り出すことができるようです。

ordersテーブルからorder_dateの年月を取得するとき。

月ごとの集計とかこれを使ってGROUP BYすればよかったんですね。DATE_FORMATよりもスピードも若干早いようです。

【Mysql】date型 集計するなら EXTRACT

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サブクエリ 分析関数の代替案として

今回は分析関数系のネタです。 以前にも分析関数を少し学習しましたがMySQLにはないので、サブクエリを使い書くことになります。 下記のような入出金講座があるとします。 Accounts prc_dat …

no image

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

MySQLでのリストアについて。 先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやら …

no image

自己結合に関して

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。 下記のようなテーブルProductsがあるとします。 name | price ——&# …

no image

SQL case式やウィンドウ関数の威力

プログラマには「プログラムは思った通りに動かない。書いた通りに動く。」「バグではない仕様です」なんて面白い格言がいろいろありますが、データベースの世界にも「WHERE句で条件分岐させるのは素人のやるこ …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

アーカイブ