skillup

技術ブログ

Database

第二、第三の正規化&ER図&Check制約

投稿日:2016年7月22日 更新日:

前回第一正規化を話したので、第二、第三に進んでいきます。

第二正規化とは?

  • 主キーに対してすべての列が関数従属していること。この状態を完全関数従属という。
  • 正規化されていないテーブルとは例えばマスタの値そのものが入っているようなケース。
  • 正規化のメリットとしてはデータの不整合が起こらないこと
  • 概念としては現実世界の実体間にある階層の差を反映する手段であること
  • 戻すときには結合(JOIN)を用いること。戻せる性質を可逆性という。逆に言えば戻せないときには正規化が失敗している。

第三正規化とは?

  • 主キー以外のマスタなどの値にたいしても従属性を持たせること。
  • このようにテーブル内部に存在する段階的な従属関係を、推移的関数従属という。
  • 一般的な正規化はこの第三正規化までをすることが多い。

正規化のメリット

  • 更新時の不都合・不整合を排除すること
  • 正規化は従属性(キーと値の1対1対応)を見抜くことで可能になる。
  • 正規形は常に非正規形に戻せる。この性質を無損失分解という。

ER図

実際の業務ではかなり小規模なアプリでもテーブルが2桁になることはめずらしくありません。中規模なもので数十、ちょっと大きなものになると数百となるでしょう。このようにテーブルが増えたときにテーブル同士の関連をみるときに、ER図があると視覚的にテーブル同士の関連をすぐに把握することができます。

正規化に関しては一件当たり前のことをいっていますが、関数従属しているかどうかは複雑なテーブルになってくるとあいまいになることは珍しくありません。

特にキーにidを使うのではなく、コードなどを入れる場合、ユーザーが自由にいれるので複雑になってきます。ここら辺は関数従属性を1つ1つ確かめながらテーブル分割をやっていきたいところですね・・・

本日のSQLネタ Check制約

check制約について。

自分はあまり使ったことがなかったんですが、テーブルのレコードに制約を付けたいときに使います。

SQLパズル第一問より

ある年度の会計開始日と終了日のテーブルを作るさい、制約を付けます。

例えばn年度の場合その年の10/1~次年度の9/30になります。そのためのテーブルの定義にcheckを使います。

constraint チェック名 check( チェック内容 ) です。

ただしMySQLではサポートされていません・・・

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …

no image

データ構造の基礎知識 後編 木構造

データベースの学習をしていたときの復習です。 データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ 今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。 …

no image

論理設計のグレーノウハウ 列持ちテーブル、集計キー、多段ビュー

前回に引き続き論理設計のグレーノウハウについて。 Contents1 列持ちテーブル1.1 メリット1.1.1 シンプルな設計1.1.2 入出力のフォーマットと合わせやすい1.2 デメリット1.2.1 …

no image

オプティマイザと実行計画

データベースがSQLを受け取って処理を実行する前には下記のような段階があります。 Contents1 パーサー2 オプティマイザ3 カタログマネージャー4 テーブルからデータの取得5 参考リンク パー …

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …